お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

冷え性対策で「寝るときに靴下を履く」のは効果的?逆効果になる場合も・・・

   

冷え性対策として、寝るときに靴下を履かれる方も多いと思います。靴下を履いて眠れば足の冷えを防いでくれるため、温かくて寝付きも良くなるかと思いきや、靴下を履いて寝ることで、かえって足が冷えてしまう方もいるそうです。

そこで、寝るときに靴下を履くのは本当に効果的なのか?逆効果になる原因についても調べてみました。

スポンサーリンク

寝るときに靴下を履くのは効果的?

寝るときに靴下を履くことで、寒さや足の冷えを改善する効果があるのは確かで、冷え性対策のほかにも「足のむくみ対策」のために、靴下を履いて寝る方もいるそうです。

冷えとり靴下を履いて寝れば温かく、足の冷えを感じずに寝付きが改善される方も多いようで、むくみ対策として着圧ソックスを履いて寝る方もいるそうです。

足の冷え性対策のために靴下を履く以外にも、冬場はお肌が乾燥しやすく、足のかかと部分もヒビ割れしやすくなる事から、しっかりと潤いや保湿を行うために靴下を履いて寝る方も多いようです。

しかし、冷え性対策に靴下を履いて寝るのは効果がある一方で、逆に足が冷えてしまう方もいるといいます。

寝るときに靴下を履くのは逆効果?

靴下を履いて寝れば、普通は足が温まると思いますが、逆効果になるケースもあるようです。

靴下を履くことで足が冷えてしまう原因として「汗」があり、寝ているときに出る汗が冷え性の原因になってしまうこともあるそうです。

人間の体は寝ているときも、コップ1杯ほどの汗をかくと言われており、例えば、パジャマはぴったりと体に密着していないため熱がこもりにくく、必要以上に汗をかくことはないようです。

しかし、足にぴったりと密着している靴下は熱がこもりやすく、必要以上に汗をかく原因に。靴下を履いた状態で汗をかくと、かいた汗が足の体温まで吸収、外に逃がそうとすることから、よけいに足が冷えてしまうといいます。

ほかにも寝るときに靴下を履くことで「体温調整機能」も鈍くなることから、

・靴下によって足首などが締めつけられると血行不良になる。
・血行不良になると老廃物が排出されにくくなるため、新陳代謝が悪くなる。
・新陳代謝が悪くなると体内に水が溜まりやすくなり、むくみの原因になる。
・むくみによってリンパ管・毛細血管が圧迫、老廃物も溜まりやすくなり、セルライトがつきやすくなる。

などの原因になる事もあるそうです。

では、寝るときに靴下を履くべきか辞めるべきか?詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

寝るときに靴下を履くのは良いの?悪いの?

靴下を履いて寝ると、なかには逆効果になってしまう場合もあるようですが、靴下を履かないと余計に足が冷えてしまう場合は、やはり靴下を履いて寝たほうが良いそうです。

しかし、靴下を履いて寝る際は、ある注意点があるようで、

◆靴下の素材に注意する
靴下を履いて寝ると汗をかく原因にもなるため、靴下は汗がこもりにくい素材の物を履くのが良いそうです。汗を吸収してくれる吸湿性が高く、吸収した汗を外に逃がす放湿性が高い素材がオススメで、素材のなかでも「シルク」製品の物が良いといいます。

◆五本指ソックスを履く
五本指ソックスは足の指を自由に動かすことができ、それぞれの指が動くことで血行改善=冷え性対策になるそうです。※血行が改善されると疲労回復効果も期待できるようです。

◆靴下を重ね履きする
靴下を重ね履きすれば保温効果も高まりますが、こちらも靴下を履く場合は、素材に注意する必要があるといいます。靴下の素材は、まず最初にシルク製の物を履いたうえで、その上から「綿の靴下」を履くのがオススメです。

◆靴下の締め付けに注意する
締め付けの強い靴下は血行不良=冷え性の原因となるため、「ルーズソックス」のような、緩めの物を履くのが良いそうです。ほかにも、足首を優しく包んで温めてくれる「レッグウォーマー」もオススメだといいます。

寝る前に靴下を履くのも効果的?

靴下は「寝る前に履く」のも、冷え性対策として効果があるといいます。

その理由は、人間の体は眠くなるにつれ深部体温(環境温度の影響を受けにくい身体深部の温度)が下がるそうで、この深部体温が低下してくると眠気が出てくるようです。

そして深部体温が下がると、まず手や足などの体の末端から熱が放出されていきますが、特に冷え性の方は血行が良くないことから、手や足に温かい血液がスムーズに運ばれないそうです。

血液がスムーズに運ばれないと、手足からは熱を逃がすことができず、結果的に深部体温も下がりにくくなる=寝付きまで悪くなってしまうそうです。

そのため、寝る前に靴下を履いて血行を良くすることで、布団に入った状態から足が温かくなっていますので、その温かさが保たれることで熱放散もスムーズになり、冷え性対策や寝付きも良くなるといいます。

まとめ

靴下を履くことで冷え性対策になるのは確かですが、靴下の素材は吸湿性・放湿性に優れた、「シルク」製の物がオススメなんですね。

靴下の履き方に注意しながら冷え性対策をしつつ、ぐっすり眠れる環境作りも心がけていきたいですね。

【関連記事】
冷え性を治す方法は?食べ物は?運動は?

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル, 美容・健康・ダイエット ,