お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

雪の日焼け(雪焼け)を防ぐ方法は?もし焼けてしまった場合の対処法は?

   

日焼けは夏になるイメージがありますが、冬の日焼けにも注意が必要だといいます。特に雪が降ったあとは日焼け(雪焼け)しやすく、ゲレンデなどで1日遊んでいると、すぐに日焼けしてしまうそうです。

日焼けによってお肌にダメージを与えないためにも、雪焼けを防ぐ方法や、もし焼けてしまった場合の対処法について解説します。

スポンサーリンク

雪の日焼け(雪焼け)の原因は?

夏と比較しても、冬はそこまで日差しは強くないものの、雪山などの一面真っ白な場所にいると日焼けしやすくなるようです。

冬の日焼けの原因は「雪」にあり、一面の雪が太陽光を反射し、その反射した光を浴びることで、日焼け(雪焼け)してしまうそうです。

特に、一面真っ白な雪に覆われているゲレンデに1日いると、反射した光を浴び続けることになるため、すぐに日焼けしてしまうそうです。

日焼けからお肌を守るためにも、どうやって雪焼けを防いでいけば良いのか?早速みていきましょう。

雪の日焼けを防ぐ方法は?

雪による日焼けを防ぐオススメの方法としては、

◆日焼け止めを塗る
夏と同じように冬も日焼け止めを塗ることで、雪焼けを防ぐ効果が期待できるといいます。

日焼け止めを塗る際は鼻や耳、うなじなどにもしっかり塗り、こまめに塗る(2時間おき)ことで、より効果が高くなるそうです。

◆サングラスやゴーグルをつける
ゲレンデなどに行く場合はサングラスやゴーグルを使用するようにして、できるだけUVカット効果のある物をつけると良いそうです。

また、ゲレンデは雪の照り返しが非常に強いため、ゴーグルをつけて紫外線対策をしておかないと、目も雪焼け(雪目)してしまうそうです。

◆できるだけ肌を隠す
冬は自然と厚着になるため、さほど心配する必要はありませんが、肌の露出を避けるだけで日焼けを防ぐことができます。

日焼けをしないように、首元にはマフラーやネックウォーマー、耳やオデコにはニット帽をかぶることで、日焼けから身を守ることができるそうです。

※どうしても隠せない箇所は、日焼け止めを塗るのがオススメだといいます。

スポンサーリンク

日焼けてしまった場合の対処法は?

日焼けしないように注意してしても、やはり日焼けしてしまうこともあると思います。

そこで、日焼けしてしまった場合の対処法として、

◆しっかり冷やす
雪焼けすると肌は、日焼けと同じように赤くなるそうです。肌が赤い=熱を持っている状態ですので、まずは冷やすことが大切だといいます。

しかし、雪焼けも軽いヤケド状態ですので、あまりに痛みが強い場合は我慢せず、皮膚科で診てもらったほうが良いそうです。

◆保湿する
日焼けした肌には「水分」が必要ですが、冬の時期は空気も乾燥しているため、夏の日焼けよりも肌の水分が失われがちに。

そのため、肌に水分を与えるために、化粧水や保湿クリームを使って、肌にしっかりと潤いを与えます。

化粧水などを使うときに肌が熱い場合は、塗る前に「濡れタオル」を使うことで、熱を逃がすことができるそうです。

◆目薬をさす
肌だけでなく、目も雪焼けしてしまった場合は、まずは保冷剤などで目を冷やしたあとに、目薬をさすと良いそうです。

雪目は、雪に反射した紫外線によって角膜が傷ついている状態ですので、目を冷やす際も「目をこする行為」は絶対にダメだといいます。

雪目によって痛みや充血がひどい場合は、眼科で診てもらったほうが良いそうです。

◆ビタミンを摂取する
日焼けにはビタミンを摂取するのが効果的で、特に「ビタミンC」は肌の回復を早める効果があるといいます。

日焼けしたあとのシミが気になる場合は、ビタミンAやビタミンEを摂取すると良いそうです。

ビタミンは主にフルーツ・緑黄色野菜などに多く含まれていますが、食事以外には「サプリメント」から摂取することも可能です。※ビタミンCは、ローズヒップティーやアセロラドリングから摂取するのも効果が高いそうです。

まとめ

雪焼けを防ぐにはUVカットのサングラスやゴーグル、首元にはマフラーを巻くなどの対策をしつつ、日焼け止めを塗る際は、汗によって落ちることもあるため、2~3時間おきに塗り直すのが良いそうです。

また、目の日焼け(雪目)になった場合は、日焼けしてから約4~5時間経ったころに症状が出始め、目の充血や痛み、涙で眼が開けられなくなる、などの状態になるといいます。

そのため、雪目になった場合はアイスノンなどの保冷剤で冷やしつつ、雪目の症状は、ほとんどの場合は24時間以内に症状が治まるようですが、翌日になっても目に違和感がある場合は放置せずに、眼科で診てもらったほうが良いそうです。

冬のゲレンデや外に長時間いる場合は、事前に準備や対策をして、雪焼けをしっかり防ぎたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,