お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

除毛クリームを使うメリットや持続期間は?注意点はあるの?

   

最近は女性だけでなく、体毛の多い男性用の除毛クリームも販売されているそうです。

除毛クリームでムダ毛の処理をして、ツルツルお肌を手に入れたいところですが、除毛クリームを使うことで得られるメリットや持続期間、注意点などについても調べてみました。

スポンサーリンク

除毛クリームを使うメリットは?

自宅で手軽に使える除毛クリームですが、使うことで得られるメリットについては、

◆痛みがない
ムダ毛処理をする方法として、剃る・ワックスシートを使うなどの色々な方法がありますが、剃った場合はカミソリで肌を切ったり、ワックスシートは痛みがあるなどのデメリットがある反面、除毛クリームは「毛を分解する」ため、痛みがないといいます。

※除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という成分が入っており、この成分は毛を分解することから、見た目は溶けているように見えるそうです。

◆使い方が簡単
ムダ毛処理をしたい部分に除毛クリームを塗り、その後は時間をおいて拭き取って洗い流すだけなので、誰でも簡単に使用できるといいます。

◆値段がリーズナブル
エステなどに行くよりも値段がリーズナブルで、値段も3000円ほどで購入できるため、やはりコストパフォーマンスも良いそうです。

除毛クリームの持続期間は?

除毛クリームを使用したあとの持続時間については、人によって個人差はありますが、

平均的に1週間ほどだといいます。※早い人は3~4日ほど

除毛クリームは塗るだけで手軽にムダ毛処理ができ、カミソリを使った場合はチクチクする毛が生えきますが、除毛クリームは毛を溶かすことから剃った場合とは違い、「毛先が丸まった」状態で毛が生えてくるため、チクチクしないそうです。

また、ムダ毛処理した状態をキープしたい場合は、2~3日おきに使う方法もありますが、お肌の弱い方は、ある程度期間を空けて(月1回ほど)使用するのがオススメだといいます。

スポンサーリンク

除毛クリームを使う際の注意点は?

除毛クリームの多くは「チオグリコール酸カルシウム」という、アルカリ性の化学物質が使われているため、お肌の弱い方は赤く腫れたり、かぶれてしまう可能性もあるそうです。

そのため、使用する前には「パッチテスト」をしたほうが良いといいます。パッチテストは目立たない箇所に除毛クリームを少し塗り、赤く腫れるなどの過剰反応がないか?テストします。

そして、お肌に塗っても問題ない場合はクリームを塗りますが、塗る前の注意点としては「体を温めておく」と良いそうです。体を温めておくと毛穴も開いた状態となり、除毛クリームも毛穴の中まで浸透するため、より高い効果を得られるといいます。

また、体が濡れている状態ではクリームもまだらになってしまうため、塗る前にお肌が濡れている場合は、水分をしっかり拭き取ってから使用すると良いそうです。

除毛クリームの塗り方は?

除毛クリームを塗る際は、ムダ毛が隠れるくらいクリームを塗りますが、少なく塗ってしまうと効果も半減してしまい、よけいに手間やコストがかかってしまうそうです。

※除毛クリームの塗り方

除毛クリームを塗ったあとの待ち時間については、こちらは購入した商品によって時間が異なるため、かならず使用する前に説明書を読んでくださいね。

そして、塗ったあとの待ち時間が過ぎてクリームを拭き取る際は、商品に付属しているヘラや家庭にあるティッシュで拭き取り、その後は浴室でキレイに洗い流します。

除毛したあとにムダ毛が残っていたとしても、お肌へのダメージを考えると、再度使用するのは2~3日ほど間を空けたほうが良いそうです。

※除毛クリームは毛を溶かすことから、お肌もダメージを受けるそうです。そのため、除毛クリームを使ったあとは保湿することも大切で、除毛クリームと「抑毛ローション」を併用することで、毛の生える間隔も長くなり、毛の太さも細くなる効果が期待できるといいます。

まとめ

除毛クリームは気になる部分に塗ってムダ毛処理しますが、クリームは毛穴に入り込むことはあっても、毛根まで届くことはないといいます。

そして除毛クリームは、お肌の表面よりも少しだけ深くムダ毛を溶かすため、毛が延びるまで多少の時間は稼げるものの、あくまで効果は一時的なもので「脱毛」できる訳ではないそうです。

脱毛できる訳ではないので、ムダ毛が気になったらクリームでお手入れする必要が出てきますが、使用する前にはパッチテストをして、自分のお肌に合うか?必ず確認してくださいね。

また、除毛クリームは顔・頭・デリケートゾーンには使用できず、基本的にはボディ・腕・脇などに使用しますので、こちらも使用前には説明書を読んでおくと良いそうです。※商品によっては、脇への使用を控える表記をしている物もあるようです。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット