お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

スーツのテカリを直す方法は?防止する方法も解説!

   

スーツは毎日着ていると、ヒジや腕の部分などにテカリが出てきます。

テカリはスーツが安っぽく見えてしまうことから、少しでも長くスーツを着ながらテカリを直す方法はないのか?テカリを防止する方法と合わせて調べてみました。

スポンサーリンク

スーツのテカリの原因は?

そもそもスーツがテカる原因は何なのか?これはスーツを着た際の圧着・摩擦に関係があるといいます。

スーツのほとんどはポリエステルやウールで作られていますが、手軽に購入できる価格帯のスーツはポリエステル100%の物が多く、高級価格のスーツのほとんどはウール100%で作られているそうです。

その他にも、手入れのしやすさを考慮して、ポリエステルやウール以外の繊維を混ぜて作られた物もあるようです。

そして、スーツの生地の表面には繊維特有のデコボコがあり、そのデコボコに光が適度に反射されることで、スーツ独特の風合いが生まれるそうです。

しかし、毎日スーツを着ていると生地が擦れたり、強い力で押されるなどを繰り返すとデコボコがなくなり、生地もツルツルになってしまうといいます。そして、生地がツルツルの状態になれば光もまっすぐにしか反射されず、このまっすぐな光の反射がテカリの原因となってしまうそうです。

生地の擦れ以外にもテカリの原因として、スーツが強い力で押される「圧着」によって、生地が押され続ける=繊維も平らに潰れてしまうことでテカリが出てしまうそうです。

圧着はアイロンを強くかけ過ぎることや、肩がけカバンで生地が押され続けることが、主な原因となるようです。

※圧着のほかにも、繊維が平らに擦り切れる「摩擦」によってテカリができるそうで、例えばイスに長時間座り続けることによる腰回りのすれ、さらにディスクワークなどによりスーツの袖口が机とすれることで、こちらもテカリの原因となってしまうそうです。

スーツのテカリを直す方法は?

スーツのテカリを直す方法は複数あるようで、

◆アイロンで直す方法
アイロンでテカリを直す際は、強くかけ過ぎるとテカリの原因となることから、アイロンの「スチーム機能」を使うのがオススメだといいます。

スチームアイロンでテカリを直す場合は、アイロン以外にも「あて布」を用意します。※あて布は綿100%のハンカチがオススメ。

そして、テカリが気になる部分にあて布を置き、布の上にアイロンを浮かせた状態に置いたら、スーツがしっとりする状態になるまでスチームをあてます。

スーツがしっとりする状態になったあとは、スーツを陰干しして完了です。※スチームアイロンを使う際は、必ずスーツにアイロンを直接あてないようにして、あて布を置いて使用してくださいね。

◆歯ブラシで直す方法
圧迫などによるテカリが軽い場合は、家庭で使用する歯ブラシで直るといいます。

歯ブラシを使う際は、強くこすると逆効果になってしまうため、スーツの生地の流れに逆らうように、数回やさしく撫でるように使用すると良いそうです。

テカリは歯ブラシ以外にも、豚毛100%などの衣服用のブラシもあるため、衣服用のブラシでお手入れするのも効果的だといいます。

◆酢で直す方法
歯ブラシやアイロンを使ってもテカリが取れない場合は、お酢を使ってみるのもオススメだといいます。酢には繊維を膨らませる効果があるようで、なかなか取れないテカリに効果が期待できるそうです。

酢を使う際は、酢を「酢1:水2」の割合で薄めたあと、布に薄めた酢を染み込ませます。そして、酢が染み込んだ布をスーツに、叩き込ませるような感じで生地になじませます。

生地に酢がなじんだら、生地の上にあて布を置き、スチームアイロンの蒸気をあてます。スチームアイロンを使用したあとは、スーツを陰干しして乾燥すれば終わりです。

※酢をスーツに染み込ませると、ニオイが心配かと思いますが、ニオイは乾燥すれば取れるそうです。

また、生地によっては酢で変色する可能性もあるため、使用する前に目立たない箇所に塗って、変色を確かめてから使用してくださいね。

スポンサーリンク

スーツのテカリを防止する方法は?

スーツのテカリを防止する方法としては、やはり毎日同じスーツを着続けているとテカリの原因になりやすいため、できるだけローテーション(3着以上は用意して)着るのがオススメだといいます。

※スーツの生地は、ポリエステルよりもウールのほうがテカりやすいようです。

スーツは摩擦によってテカリができやすいため、ディスクワークをする際は、スーツの上着はハンガーに吊るしておいたほうが良いそうです。(スーツはイスにかけてしまうと摩擦が起きやすく、やはりハンガーに吊るすのがオススメだといいます)

また、スーツを着た上から肩がけカバンを使用するとテカリが出やすくなるため、カバンをかける位置をズラしたり変えるなどして、生地への負担を減らしてくださいね。

最近は自宅でもスーツを洗える製品もあるようで、洗濯によって繊維同士の摩擦が低減され、テカリの発生を抑えることができるそうです。※洗えるスーツは、大手紳士服の「AOKI」などで販売されているそうです。

まとめ

スーツは毎日着ていると、自然とテカリが出てしまいます。

しかし、テカリを放置していると安っぽく見えてしまいますので、テカリには歯ブラシやスチームアイロン、酢を使う方法を試しながら、少しでも長く着ながらスーツライフを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル , ,