お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

砧公園の桜の開花時期は?見どころやアクセスは?

   

出典:sp.jorudan.co.jp

東京世田谷区にある開放感あふれる砧公園(きぬたこうえん)は、普段は家族や友達とのんびり過ごすのに最適な公園ですが、桜が咲く時期も人気のお花見スポットとして、毎年たくさんの人が訪れるそうです。

桜の名所としても有名な砧公園ですが、2018年の桜の開花時期はいつなのか?見どころやアクセス情報なども含め、紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

砧公園の桜の開花時期は?

砧公園の桜の開花時期は、例年をみると3月下旬~4月上旬となっており、

気象サイトによる2018年度の東京地方の開花予想は、3月23日~27日となっていました。

また、2018年は記録的な寒波ということで、春が訪れる時期も遅くなるのでは?と予想される一方、長期でみれば3月~4月にかけては寒くなるのではなく、例年以上に暖かくなるのでは?という声もあるといいます。

そのため、2018年の砧公園の桜の開花時期は「例年通り」で、3月下旬頃には満開になるのでは?と予想されます。

砧公園の桜の見どころは?

砧公園は元々ゴルフ場の一部だったことから、敷地も東京ドーム8個分以上という広さを誇り、お花見の時期も広大な敷地であるため、場所取りもほとんど発生しないといいます。

園内には900本以上もの桜が植えてあるため、満開の時期になると園内は美しいピンク色に染まるそうです。

そして、砧公園の桜の1番の見どころはシダレザクラで、この公園のシダレザクラは巨木が多く、なかには桜の枝が地面近くまで伸びている木もあるそうです。

桜の木の下に座れば、至近距離で花見を楽しむことができる砧公園ですが、お花見以外にも敷地内には遊具や施設などが設置されており、お子さん連れの方でも一緒に楽しむことができるそうです。

※園内にある「ファミリーパーク」は自転車などの乗り入れが禁止となっており、安全にお子さんが遊べるのはもちろん、芝生でくつろぐこともできるそうです。(園内へは火気厳禁やゴミの持ち帰りはもちろん、カラオケ・バーべキュー・テント・ファミリーパーク内への自転車の乗り入れや、ペット同伴も禁止となっているそうです)

他にも、砧公園には「アスレチック広場」があり、園内に流れる川にかかる4つの吊り橋からも、散策しながら桜を楽しむことができるようです。

また、園内へは「飲食物」の持ち込みが可能ですので、芝生にレジャーシートを敷いてお弁当も食べられるそうです。

お弁当を作って持って行く以外にも、ファミリーパークの近くには売店(パークス砧美術館前店)があるため、売店で買って食べるのもオススメだといいます。

スポンサーリンク

砧公園の桜のライトアップは?

砧公園の桜のライトアップは、この場所は都立公園ということもあり、ライトアップは行われないそうです。

しかし、園内へは夜間でも入ることができ、夜は照明がついているため、夜桜を楽しむことは一応できるようです。

夜に桜を楽しむ際は周囲の迷惑とならないように、マナーを守りながら夜桜を楽しんでくださいね。

砧公園のアクセスは?

砧公園へのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
東急田園都市線 用賀駅から徒歩で約20分

◆車でアクセスする場合
首都高速 用賀出入口を降りてすぐ

車で向かう際は、砧公園には177台停められる有料駐車場がありますが、花見時期は混雑するため、できるだけ公共機関を利用するのがオススメだといいます。

・住所:東京都世田谷区砧公園1-1
・お問い合わせ:03-3700-0414(砧公園サービスセンター)
・入園料:無料(入園時間は24時間入れます)

まとめ

砧公園の桜はシダレザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなどが咲き誇り、広い園内ではレジャーシートを広げてのお花見や、アスレチック広場では散策しながら桜が見学できるなど、さまざまな楽しみ方ができるそうです。

それでも花見をする際は、桜の枝を触ったり折ったりしないようにマナーを守りつつ、のんびりお花見を楽しみたいですね。

スポンサーリンク

 - 3月の行事 ,