お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

夫婦で結婚式に出席した場合、ご祝儀3万円は少ない?子連れの場合は?

   

夫婦で結婚式に出席する際、お祝いで渡すご祝儀は1人で出席する相場と同じ3万円では少ないでしょうか?

さらにお子さん連れの場合の金額は、どれくらいの相場なのか?詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

夫婦で結婚式に出席した場合、ご祝儀3万円は少ない?

結婚式に包んでいくご祝儀の金額は、1人で出席する場合は3万円が相場(親族は5万円)ですが、夫婦で出席する場合は3万円でも良いのでしょうか?

夫婦で出席する場合の相場については、「1人分×2」というのが基本的な考え方だといいます。

1人分×2ということで、3万円×2=6万円ということになりますが、6万円という数字は偶数のため、結婚式では数字が割れる偶数は「2人が別れることを連想させる」ことから、あまり良くないと言われています。※「9」という数字も、苦しむ=縁起が良くないと言われているそうです。

そのため、夫婦でご祝儀を用意する際は6万円ではなく、奇数=吉という考え方から、5万円にするのが一般的だといいます。どうしても6万円を包みたいという場合は、「1万円札5枚に5千円札2枚」にすれば、失礼にあたらないそうです。

夫婦で親族の結婚式に出席する場合の相場は?

親族の結婚式に夫婦で出席する場合の相場も、「1人分×2」というのが基本的な考え方だといいます。

親族の結婚式に1人で出席する場合のご祝儀は、5万円が相場となっていますので、夫婦で出席する場合は5万円×2=10万円が相場となるようです。

また、親族の結婚式でも遠い親戚の場合は7~8万円が相場となっており、「8」という数字は偶数ですが、8は「末広がり」という意味があるため、縁起の良い数字とされているそうです。

夫婦と子連れで結婚式に出席した場合の相場は?

夫婦だけでなく、お子さんも結婚式に招待された場合の相場については、お子さんの年齢によってご祝儀の金額も変わってくるそうで、

◆0~2歳
このくらいの年齢で結婚式に招待される機会は少ないと思いますが、0~2歳の場合は結婚式で出される料理も不要になるため、ご祝儀は夫婦2人分の5万円が相場となっているようです。

◆3歳~小学校低学年
このくらいの年齢になると、結婚式で出される料理は3000円~5000円程のお子様ランチになりますので、夫婦2人分の5万円+子供1人分の1万円=6万円になりますが、「6」という数字は縁起が悪いことから、7万円にしておくのが無難だといいます。

◆小学校高学年以上
小学校高学年以上になると出される料理も大人と一緒になることから、例えば夫婦+子供1人なら7万円。夫婦+子供2人なら10万円が相場となるようです。

スポンサーリンク

夫婦と子連れで親族の結婚式に出席した場合の相場は?

お子さんと一緒に親族の結婚式に出席した場合は、夫婦2人で10万円+子供の年齢によって加算していくそうです。

例えば、お子さんが2歳までなら料理は不要になるため、夫婦2人の金額だけで大丈夫ですが、お子様ランチが出る場合は子供1人につき1万円プラス。大人と同じ料理が出る年齢なら子供1人につき2万円プラスするのが基本となるようです。※ご祝儀が偶数の金額になると縁起が悪いため、偶数になる場合は奇数の金額にしたほうが無難だといいます。

また、親族の間でご祝儀の金額が統一されている場合は、統一された金額を包んでいくのが良いですが、もし金額が設定されていない場合は、他の親族の方に相談するなどして、包んでいく金額を決めるのがオススメです。

ちなみに、夫婦で包むご祝儀袋に名前を書く際は、中央に旦那さんの姓名を書き、その左側に奥さんの名前だけを書きます。

出典:trend-news-today.com

夫婦と子供1人の場合は、奥さんの名前を書いた左側に、こちらも子供の名前のみを書きます。

※子供が2名以上になる場合は、旦那さんの姓名を書いたうえで、その左側に「他家族一同」と書き、別紙に家族全員の名前を書いて中袋に入れます。

出典:trend-news-today.com

そして、中袋の表側の中央に金額を書きますが、数字は必ず「漢数字」で書くようにして、例えば5万円なら「金伍萬圓」か「金五万円」。10万円なら「金壱拾萬圓」か「金十万円」と書きます。

金額を記入したら、中袋の裏側の左に住所・旦那さんの姓名を記入します。

出典:trend-news-today.com

※お札を入れる際は、人物像が印刷されている面が表になるようにして、人物像が上になるようにして入れます。

出典:trend-news-today.com

まとめ

夫婦でご祝儀を包む場合は5万円が相場で、親族の場合は10万円が相場となっているそうです。

さらに夫婦+お子さんが加われば、子供の人数に合わせて金額を加算していきますが、3歳未満の場合は夫婦2人分の金額で良いそうです。

それでも、地域によっては金額が変わることもありますので、迷ったときは周りの方に聞いてみたり、一般的な相場に従って決めるのが良いかと思います。

スポンサーリンク

 - イベント , ,