お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ビールとご飯のカロリーを比較!太りにくいのは・・・

   

出典:pictaram.org

1日頑張ったあとのキンキンに冷えたビールは格別ですが、つい飲みすぎてしまうと気になるのが肥満の天敵「高カロリー」です。

ビールとご飯を比較すると、なかには2つのカロリーは同じという意見を耳にすることもありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そこで、ビールとご飯のカロリーや栄養素、太りにくいのはどちらなのか?調べてみました。

スポンサーリンク

ビールとご飯のカロリーを比較

ビールとご飯のカロリーを比較してみると、まずはビール1缶(350ml)で約140キロカロリー。500ml缶になると、約200キロカロリーになるといいます。※500mlは居酒屋などにある中ジョッキ1杯と同じ量だそうです。

発泡酒になると350mlで、約70~160キロカロリーと種類によってカロリー量がかなり違いますが、第3のビールと呼ばれている物も、発泡酒と同じくらいのカロリー量だといいます。

そして、ご飯のカロリーについては、ご飯1膳(約140g)で約235キロカロリー。お子さんが使う子供茶碗になると1膳(約100g)で約168キロカロリーになるそうです。※コンビニのおにぎりは約100g。

これらビールとご飯のカロリーを比較してみると、ビール1缶(350ml)のほうがご飯1膳よりもカロリーが低いようです。

ビールとご飯の栄養素は?

ビールの栄養素を見てみると、ビールの栄養成分はビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ナイアシンなどが含まれており、ご飯にはタンパク質・炭水化物・亜鉛・銅・マンガンなどの栄養素が含まれているそうです。

そして、ビールとご飯それぞれの栄養効果として、ビールには血液循環が良くなる・食欲増進や整腸作用・利尿作用などがあり、ご飯は塩分・コレステロールが含まれていないことから、糖尿や心臓病、高血圧などの生活習慣病の予防効果が期待できるそうです。

ご飯に含まれる炭水化物には糖質も含まれ、糖質によって脳の活性化も期待できるようです。

ビールやご飯には体に良い栄養素が含まれていますが、それでも飲み過ぎ・食べ過ぎは体に悪影響ですので、どちらも摂り過ぎには注意する必要があるといいます。

スポンサーリンク

ビールとご飯、太りにくいのはどっち?

ビールとご飯のカロリーを比較すると、ビール1缶(350ml)のほうがご飯1膳よりもカロリーが低いことから、やはりビールのほうが太りにくいそうです。※ビールのアルコールカロリーは飲んでも体に蓄積しにくいため、太りにくいといいます。

しかし、昔からビールは太ると言われていますが、実は、ビール=太ると言われる本当の原因は、ビールの食欲増進作用によって「おつまみ」を食べ過ぎてしまうことが原因のようです。

ビールには唐揚げや焼き肉など、脂っこい食べ物が合うことから、これら高カロリーなものを食べ過ぎることが肥満の原因になってしまうようです。

そのため、ビールを飲む際は太りにくくするために、体脂肪になりにくい野菜から食べてみたり、ビールは一気に飲むのではなく、ゆっくりと少量ずつ飲むのが良いそうです。

その他にも、ビールだけを飲み続けるのではなく、1杯目にビールを飲んだあとは、少しずつ飲むことができるワインや辛口の焼酎に切り替えるのもオススメだといいます。

まとめ

ご飯よりもビールのほうが太りにくいものの、どちらも食べ過ぎには注意してくださいね。

ちなみに、ビール1缶(350ml)を飲んだ場合、その分のカロリーを消費するには、ジョギングなら30分、ウォーキングは60分ほどの運動量が必要になってくるそうで、やはり栄養や運動のバランスからも飲み過ぎないように、美味しいビールやご飯を食べたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット, 食品・飲料 ,