お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

初節句のお祝いやお返しする際のマナーは?

   

初節句は、女の子が生まれて初めて迎えるひな祭り(3月3日)ですが、お祝いをする際はどうしたら良いのか?迷われることがあるかも知れません。

そこで、初節句のお祝いの仕方、お返しする際のマナーなどについて解説させて頂きます。

スポンサーリンク

初節句の詳しい意味は?

初節句は、健やかに成長するお子さんのお披露目会でもありますが、節句は「季節の節目に邪気を払う行事」だといいます。※昔の節句は数多くあったものの、現在は「5つの節句」が年間行事として残っており、5つの節句には、正月7日の人日(じんじつ)。3月3日の上巳(じょうし)。5月5日の端午(たんご)。7月7日の七夕(しちせき)。9月9日の重陽(ちょうよう)があるそうです。

5つの節句はそれぞれ伝統的な方法でお祝いをしますが、初節句はお子さんが生まれてから初めて迎える節句となります。(初節句は、女の子は「桃の節句」、男の子は5月5日の「端午の節句」になります)

また、初節句を迎えるなかでも2月生まれの女の子や4月生まれの男の子は、生まれて間もないうちに初節句を迎えることになるため、その場合は「翌年」にお祝いをすることが多いようです。

なかには翌年ではなく、その年にお祝いする方もいらっしゃいますが、特に決まりはないため、お子さんの成長を見ながら時期を決めても良いそうです。

初節句を迎えるにあたり、昔はお爺ちゃんやお婆ちゃん、親戚などが集まり盛大にお祝いする家庭が多かったものの、最近はごく少数の身内のみでお祝いする家庭が増えているそうです。

初節句のお祝いの仕方は?

女の子の初節句のお祝いは「ひな人形」を飾ったり、両親やお爺ちゃんお婆ちゃんと一緒に祝い膳(ちらし寿司やお吸い物)を囲んでお祝いします。

初節句のお祝いは、地域によっては神社にお参りをして、神主に祝詞をあげてもらう所もあるようです。また、最近ではフォトスタジオで記念写真を撮る家庭も増えているそうです。

※家庭で飾るひな人形は、昔は母方の祖父母が贈る物でしたが、現在では父方と母方の祖父母が折半したり、男の子や女の子の兄弟がいる場合は、例えば父方の祖父母が五月人形を贈り、母方がひな人形を贈る場合もあるといいます。

また、初節句を迎える女の子が2人目の場合は、ひな人形は自分の身代わりとも言われているため、同じ人形は飾らないほうが良いとも言われています。

しかし、ひな人形を2セット用意するのは場所的な問題などもありますので、2人目のお子さんの初節句には「市松人形」を贈ることが多いそうです。

※ひな人形を飾る時期は、節分の翌日である立春の日~2月中旬頃まで飾り、特に大安吉日に飾ると縁起が良いとされています。ひな人形をしまう時期も大安が良いとされており、飾る時期と同じように天気が良い日を選ぶのが良いそうです。

スポンサーリンク

初節句のお返しのマナーは?

祖父母や親戚から初節句のお祝いを頂いた場合のお返しについては、基本的には「お返しは必要ない」とされています。お返しは必要ありませんが、お祝いを頂いた祖父母たちには「お祝いの席に招待する」のがマナーだといいます。

お祝いの席に招待する場合でも、遠方の方や知人・友人の場合は招待するのが難しいと思いますので、そのような場合は「内祝い」として、頂いた金額の二分の一~三分の一ほどの品物を贈ると良いそうです。

内祝いを贈る時期は、女の子の場合は3月中まで、男の子は5月中に贈るのがオススメだといいます。

※内祝いを贈る際に使う「のし紙」は紅白蝶結びの物を使い、表書きの上段に「内祝い」や「初節句内祝い」と書き、下段にお子さんの名前を書きます。(宅配で贈る場合の差出名は親の名前にします)

出典:nanikatotameninaru.com

まとめ

ひな祭りは毎年来る行事ですが、初節句は1度だけのお祝いになりますので、お子さんの健やかな成長を願いつつ、祖父母や親戚と一緒にお祝いしたり、記念写真を撮るのも良いですよね。

また、節句祝いを頂いた場合は失礼のないように、マナーを守ってお返ししたいですね。

スポンサーリンク

 - 3月の行事 , ,