お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

「梅雨入り」と「梅雨明け」の定義方法は?

   

夏を迎えるにあたりニュースなどで、「梅雨入り」「梅雨明け」という言葉をよく聞きます。しかし、梅雨入りや梅雨明けの定義は、そもそもどうやって決めているのでしょうか?

また、「梅雨入り」や「梅雨明け」の決め方も実は難しいようで、なぜ難しいのか?についても解説します。

スポンサーリンク

昔は「梅雨入り」と「梅雨明け」宣言で苦情が殺到していた?

梅雨入り、梅雨明けは気象庁が判断していますが、昔は「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という言葉を使っていたといいます。しかし、梅雨入り・明けの判断自体が非常に難しいため、気象庁の予報が外れてクレームが殺到したことがあるそうです。

苦情殺到により、気象庁は2年間ほど「梅雨入り梅雨明け宣言」をしていなかったものの、やはり梅雨入り・明けの発表をしてほしいという要望が多いことから、現在では「宣言」という言葉は使わずに、「梅雨入りしたとみられます」や「梅雨明けしたとみられます」という、曖昧な言葉にかえて発表するようになったようです。

また、気象庁は夏が終わった9月にも、「あの時期が梅雨明けだった」というような訂正を行ったうえで、梅雨入り・明けの確定値を決めているそうです。

梅雨入りの定義は?

梅雨入りの定義自体にも確実な決め方はなく、あくまで暫定的に決めているようで、

晴天が2日以上続き、梅雨前線の影響により前日とその日が雨で、なおかつ、その後1週間の天気が5日以上雨または曇り

の場合に梅雨入りとして定義しているそうです。

梅雨入りを決める定義のなかでも、特に「梅雨前線の影響」が重要なようで、ただ雨が降っただけでは梅雨入りとして認められないそうです。

※梅雨という言葉も季節をあらわすことから、梅雨の時期もおおよそ決まっているようで、例えば東北地方は6月初旬~下旬。関東地方や近畿地方は5月下旬~6月中旬。沖縄は4月下旬~5月中旬になるそうです。

スポンサーリンク

梅雨明けの定義は?

梅雨明けの定義も暫定的に決めているようで、

雨が2日以上続き、梅雨前線が北上した影響により前日と本日が晴れで、なおかつ、その後1週間の天気が5日以上晴れ、または一部曇り

の場合に梅雨明けとして定義しているそうです。

しかし、梅雨入りとは違い「梅雨明け」のほうが晴れ間があったりと紛らわしく、梅雨明けを見極めるのも難しいといいます。実際、晴れ間の判断をする途中に雨が降るなどして、結局、梅雨明けを発表する前に秋になっていた、なんて年もあったそうです。

それでも、おおよその梅雨明けの時期は東北地方は7月中旬~8月上旬。関東地方や近畿地方は7月中旬~8月初め。沖縄は6月中旬~7月上旬になるようです。

まとめ

梅雨入り・明けを決めるのが難しい理由の1つに、「梅雨前線」の影響もあるといいます。

2つの湿った高気圧(北からくる「オホーツク海気団」と南から来る「小笠原気団」)がぶつかり合うラインを梅雨前線といいますが、普通の雨雲の範囲が1000kmほどの大きさが一般的なのに比べ、梅雨前線は100kmほどの大きさしかないそうです。

梅雨前線が100kmほどの大きさしかない(南北の幅も細い)ため、気象庁が使っているスーパーコンピューターでも、どこに梅雨前線がかかっているのか?判断すること自体が非常に難しいといいます。

さらに、北と南の2つの高気圧が押し合っている状態のため、2つの力関係により梅雨前線の動きは北上したり南下することから、予想もより難しくなるようです。

高気圧の影響により梅雨前線の両側は晴れているものの、梅雨前線がブレることで晴れの予報が雨になったり、雨の予報が晴れになるなど、天気を予想するのも困難だといいます。

そのため、梅雨前線の影響により梅雨の時期は、週間天気予報や梅雨入り・明けを決めること自体がとても難しいそうです。※梅雨前線は両側が晴れているため、梅雨の時期でも晴れる日があるそうです。

梅雨の時期は雨量も多い気がしますが、実は秋の時期である9月や10月のほうが梅雨の時期よりも、平均1.3倍ほどの雨量があり、雨の日も多いようです。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル ,