お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

雨の日は「花粉」の飛ぶ量が弱まるのはウソ?実は降り始めが要注意!

   

雨が降る日は花粉も洗い流されるため、花粉症の症状も弱まると思っていましたが、実は雨の日こそ症状が酷くなることがあるそうです。

また、花粉は降り始めが要注意ということで、雨の日の花粉対策も含め、調べてみました。

スポンサーリンク

雨の日や降り始めが要注意な理由は?

雨の日は花粉の量も少なくなるかと思いきや、

実は降った雨に花粉が混ざることで、逆に飛散量が増えてしまうことがあるといいます。

また、雨の降り始めは花粉の飛散量も増加する傾向もあるため、雨だからといって花粉症対策をしないでいると、いつも以上に症状が酷くなることもあるそうです。

しかし、雨が降る時間が長くなれば花粉の飛散量も低下していくため、晴れている日と比べて花粉量はやはり少なくなるようです。

雨が降ると気圧低下により体調も崩しやすくなり、さらに体が弱まることで花粉の影響も出やすくなることから、普段よりも花粉症の症状が酷くなることもあるそうです。

雨の日の翌日も要注意な理由は?

雨の降り始め以外にも、雨が降った翌日も注意が必要で、翌日はさらに花粉の量が増えてしまうそうです。

たとえ雨によって花粉の量が減ったとしても、翌日も花粉が飛散するのはもちろんですが、特に雨がやんだ翌日が晴れだった場合は、通常以上の花粉が飛散されるといいます。

雨の日の翌日が晴れた際は、花粉を飛ばす植物は「より成長する」傾向があるそうで、雨で水分を蓄えた植物が晴れによって太陽光を浴びることで、成長スピードも活発になる=花粉量も増えてしまうようです。

また、雨に混ざった花粉が地面に落ち、翌日晴れて地面が乾いた際に、乾いた花粉が風に乗って飛散することもあるといいます。

そのため、雨がやんで地面が乾いてきたら、できるだけ花粉が溜まっていそうな場所には行かないほうが良いそうです。※花粉が溜まりそうな場所は、例えば建物の角や、道路脇にある溝なども雨に流された花粉が溜まっている可能性が高いそうです。

雨が降った翌日は、通常の倍以上も花粉が飛散するようで、いつもよりも入念に花粉症対策するのがオススメだといいます。

スポンサーリンク

雨の日や翌日の花粉症対策は?

雨によって水分を含んだ花粉は巨大化し、その後、花粉は爆発して通常のサイズよりも10分の1ほど小さくなるそうです。

通常よりも小さくなった花粉の粒子はマスクを付けていたとしても、その小ささからマスクに隙間があると、簡単に入り込んでしまうようです。

雨の日や翌日の花粉は、普段よりも体内に入り込みやすくなるため、花粉症対策としてマスクやメガネを付ける際は、隙間ができないよう体にぴったりフィットするような、花粉症対策に特化した物を使用するのがオススメだといいます。

さらに、雨の日の翌日は目がかゆくなる事が多い方は、なるべくコンタクトレンズの使用は控えたほうが良いそうです。

また、室内に花粉を持ち込ませないように部屋の窓は閉めておきつつ、外から帰ってきた際は玄関を開ける前に、服や傘についた雨粒をしっかりはらい落としてから、室内に入ってくださいね。

※傘には特に、雨と混ざった花粉が多く付着していることが多く、しっかりと雨粒を落としておくと良いそうです。

まとめ

通常の場合の花粉は晴れた日のほうが飛散量が多く、雨の日は少ないと言われていますが、実際は雨の日でも降り始めは飛散量が多く、翌日に晴れた場合はさらに花粉量が多くなるといいます。

花粉が多くなる時期になると天気予報で花粉情報が流れたり、ネットでも花粉情報を知ることができますので、

日本気象協会の花粉情報

住んでいる地域の花粉情報をチェックしつつ、マスクやメガネなどの花粉症対策をしっかりしたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,