お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

花粉症にコーヒーが効くって本当?飲む際の注意点は?

   

コーヒーの成分が花粉症の症状を抑える効果があるそうですが、実際のところは本当に効果があるのでしょうか?また、コーヒーにある物を入れてしまうと、逆に症状が悪化してしまうことがあるそうです。

そこで、コーヒーが本当に花粉症に効くのか?飲む際の注意点も含め、調べてみました。

スポンサーリンク

花粉症にコーヒーが効くって本当?

コーヒーにはカフェインやポリフェノールが多く含まれており、これらの成分は抗酸化作用や抗炎症作用があることから、花粉症の症状を抑える効果が期待できるといいます。

コーヒーに含まれるカフェインは自立神経を刺激する作用があるため、眠気覚ましに飲む人も多いと思いますが、刺激物であるカフェインには他にも、過剰になった免疫システムを抑制する働きや、花粉症などの炎症を鎮静させる働きがあるそうです。

カフェインは炎症を抑える働き以外にも、花粉症などのアレルギー反応を緩和する働きもあるそうで、さらにポリフェノールには抗酸化作用があり、こちらも花粉症を緩和させる働きがあるといいます。

※コーヒーの香り成分には「リラックス効果」があるため、アロマとしても利用されることもありますが、アロマも花粉症の症状を抑えるのに利用されることもあるそうです。

コーヒーを飲む際の注意点は?

コーヒーには花粉症の症状を抑える効果が期待できるものの、飲む際には注意点があるといいます。

例えば、コーヒーを飲む際に砂糖やフレッシュを入れて飲んでしまうと、逆に花粉症の症状が悪化する場合があるそうです。そのため、コーヒーを飲む際は「ブラック」で飲むようにして、できるだけホットコーヒーで飲むのがオススメだといいます。

※砂糖を摂取することで腸内の環境が乱れやすくなり、腸内の乱れによって体の免疫力も低下してしまい、そのせいで花粉症アレルギーにかかりやすい体質になってしまうそうです。

また、コーヒーにコーヒーミルクなどのフレッシュを入れると、ミルクに含まれる「トランス脂肪酸」によって、アレルギーに対する抵抗力が落ちてしまうといいます。

アイスコーヒーで飲むと体が冷えてしまい、体の冷えは免疫力低下の原因にもなることから、花粉症の症状がさらに悪化する恐れがあるそうです。

しかし、ホットコーヒーでも飲み過ぎは良くないため、あくまで適量を飲むことを心がけて、1日に3~4杯以下にするのが良いようです。

スポンサーリンク

コーヒーのオススメな飲み方は?

コーヒーはできるだけブラックで飲むのが良いですが、ブラック以外で飲む際に砂糖やフレッシュを入れて飲んでしまうと、花粉症の症状が悪化してしまうことも。

そのため、砂糖やフレッシュの代わりになるような物はないか?調べてみると、まず砂糖の代わりに「オリゴ糖」を入れて飲むと良いそうです。

オリゴ糖も砂糖の仲間ではあるものの、実は胃や小腸で消化・吸収されにくい性質があるため、そのままの形で大腸まで運ばれるそうです。※大腸に届いたオリゴ糖は善玉菌のエサとなり、オリゴ糖を食べた善玉菌が増えることで、腸内環境も良くなるといいます。

善玉菌によって腸内環境が良くなると免疫システムの働きも活発になり、花粉症の症状が出にくくなるそうです。※オリゴ糖は熱にも強いため、ホットコーヒーに入れても問題ないそうです。。

その他にも、フレッシュの代わりに「粉ミルク」を入れるのがオススメだといいます。

粉ミルクは赤ちゃん用の物が良く、赤ちゃん用の物には母乳に近いミルクにするために、ヌクレオチドという成分が含まれているそうです。

このヌクレオチドには免疫力を高める働きや、免疫システムのバランスを整える働きがあるといいます。しかし、赤ちゃん用の粉ミルクは高カロリーなため、コーヒーに入れすぎてしまうと肥満の原因になってしまうそうです。※ヌクレオチドが多く含まれる粉ミルクは、アイクレオから発売されているバランスミルク(0ヶ月~)だといいます。

アイクレオ以外のメーカーでもヌクレオチドは配合されているようですが、例えば「0ヶ月~」の粉ミルクと「9ヶ月~3歳用」の物を比べてみると、やはり「0ヶ月~」のほうがヌクレオチドの量が多いようです。

まとめ

コーヒーは花粉症の症状を抑える効果が期待できますが、「アレグラ」など花粉症の治療薬を服用した場合は、7~8時間ほど経ったあとにコーヒーを飲んだほうが良く、なかにはアレグラを飲んだ2時間後に貧血の症状が出た方もいるそうです。

また、コーヒーを飲みすぎてしまうと、逆に症状が悪化してしまう場合もありますので、適度に飲みながら花粉症対策をしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 , , ,