お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

トウモロコシを美味しく茹でる方法は?冷蔵や冷凍保存する方法も紹介!

   

美味しい茹で方をマスターすれば、自宅でもジューシーで甘いトウモロコシが味わえるそうです。

そこで、誰でも簡単にできるトウモロコシがより美味しくなる茹で方や、冷蔵や冷凍保存する方法を紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

トウモロコシの基本的な茹で方は?

美味しいトウモロコシの茹で方をみる前に、まずは基本的なトウモロコシの茹で方をみていきましょう。

~トウモロコシの基本的な茹で方~

1.大き目の鍋を用意し、そこへ2%の塩水を入れて沸かします。※2%の塩水を作る際は、水1リットルに対して20gの塩を入れます。

2.お湯が沸騰する間をみて、トウモロコシの皮やヒゲを取ります。

3.皮などを取り除いたトウモロコシを軽く洗ったあとに、沸騰した鍋の中にトウモロコシを入れますが、鍋に入り切らない場合は半分に切ります。

4.沸騰した鍋にトウモロコシを入れ、時折トウモロコシを転がしながら3~5分ほど茹でます。※トウモロコシの種類によって茹でる時間が変わる場合がありますので、3分ほど茹でたあとに1度固さを確かめると良いそうです。

5.茹であがったトウモロコシをザルなどに移し、食べられるくらいの温度になれば完成です。

以上がトウモロコシの基本的な茹で方ですが、茹ですぎてしまうと、トウモロコシの甘さやジューシーさがなくなってしまう場合があるそうです。

トウモロコシを美味しく茹でる方法は?

トウモロコシをより美味しく茹でるには、実は「沸騰する前の水の状態から茹でる」ことで、より甘くてジューシーな状態になるといいます。

~美味しいトウモロコシの茹で方~

1.トウモロコシの皮やヒゲを取り、軽く水で洗います。

2.水を入れた鍋にトウモロコシを入れ、沸騰させます。

3.鍋が沸騰したあとも、さらに4~5分ほど茹でます。※トウモロコシの種類によって茹でる時間が変わる場合もありますので、鍋が沸騰してから4分ほど茹でたあとに、一応味見をしてみるのが良いそうです。

4.茹であがったトウモロコシをザルなどに移し、食べられるくらいの温度になれば完成です。

上記の方法でトウモロコシが甘くてジューシーになりますが、トウモロコシを1本だけ食べたい場合は「電子レンジ」を使っても美味しくなるといいます。

~電子レンジでトウモロコシを美味しくする方法~

1.トウモロコシの皮やヒゲを取り、軽く水で洗います。

2.大さじ1杯分の水に、一つまみ分の塩を入れて、それをトウモロコシ全体にまぶしてから、サランラップで包みます。

3.ラップで包んだトウモロコシを電子レンジ(500W)に入れ、3~5分ほど加熱します。

4.加熱したトウモロコシをレンジから出し、熱が冷めたあとにラップを取れば完成です。※トウモロコシは、薄皮を残した状態でレンジに入れても大丈夫だといいます。

スポンサーリンク

トウモロコシを冷蔵保存する方法は?

トウモロコシは水分が多いため、できるだけ早めに食べないと、すぐに鮮度が落ちてまずくなってしまうそうです。

そのため、茹でる前のトウモロコシを冷蔵保存する場合は、まず皮やヒゲが付いたままの状態で新聞紙に包み、新聞紙の上からサランラップで包みます。

ラップで包んだトウモロコシは、切り口を下にして立てた状態で、冷蔵庫に入れると良いそうです。

しかし、冷蔵保存したトウモロコシでも鮮度が落ちてしまいますので、保存後も1~2日以内には茹でるようにして、3日以上経ったトウモロコシは安全面からも、茹でずに廃棄するのが良いそうです。

また、茹でた状態のトウモロコシを保存する場合は、茹でる時間を3~4分ほどにして、あえて固めに茹でます。固めに茹でたあとはトウモロコシの皮やヒゲを取り、キッチンペーパーなどでトウモロコシの水気をしっかり取ります。

水気を取ったトウモロコシは、まだ熱いうちにサランラップで包んだあと、熱が冷めた状態になったら冷蔵庫に入れて保存します。

※茹でたあとのトウモロコシを保存した場合は、3日ほどなら美味しく食べれますが、3日以上過ぎたものは食べないほうが良いそうです。

トウモロコシを冷凍保存する方法は?

トウモロコシを冷凍すれば長期保存できますが、冷凍保存する際は「茹でたあと」に保存すると良いそうです。

まず、トウモロコシを3~4分ほど、こちらも固めに茹でます。固めに茹でたあとはトウモロコシの皮やヒゲを取り、キッチンペーパーなどでトウモロコシの水気をしっかり取ったあと、サランラップで包みます。※熱い状態でラップに包むのは、トウモロコシにシワが出ないようにするためだといいます。

ラップで包んだトウモロコシが冷めてきたら、ラップを取って水気を取り、その後、再びトウモロコシをラップに包みます。ラップで包んだあとは、ジップロック袋などにトウモロコシを入れて空気を抜き、冷凍庫に入れれば完成です。

冷凍保存したトウモロコシの賞味期限は約1ヶ月ほどで、解凍する際は「凍ったままの状態」でレンジで加熱したり、凍ったトウモロコシをほぐして調理することもできるそうです。

トウモロコシをほぐして使いたい場合は、冷凍保存する際に「粒コーン」の状態で保存すると良いようです。

粒コーンにするには、まず固めに茹でたトウモロコシを縦半分に切り、実を芯から取り出します。実を取り出してコーンを冷ましたあと、ジップロックに粒コーンを入れてから「平ら」にした状態で冷凍保存します。

粒コーンの賞味期限も1ヶ月ほどですので、できるだけ早めに使うのがオススメだといいます。

まとめ

家庭でも甘くてジューシーなトウモロコシが調理できますが、茹でたり電子レンジを使う方法以外にも、「蒸し焼き」にすることでも美味しく食べられるそうです。

蒸し焼きにする場合は、まずトウモロコシの皮数枚とヒゲを残した状態で、フライパンで片面ずつ焦げるまで焼きます。そして、焼いたトウモロコシに水を入れ、フライパンにフタをして蒸し焼きにすれば完成です。

蒸し焼きしたトウモロコシも、甘くてジューシーな仕上がりになりますので、旬の時期である7~8月には、ぜひ美味しくなる調理法を試してみたいですね。

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 , ,