お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

2018年のGW(ゴールデン・ウィーク)の渋滞予測は?

   

2018年のGW(ゴールデン・ウィーク)は、カレンダー通りだと5月3日~6日までになりますが、会社勤めをされている方のなかには、今年は平日2日を挟んでの連休となるため、5月1日と2日も休みにして4月28日~5月6日の9連休を取る方も多いといいます。

しかし、GWを利用して遠出をする際は、毎年恒例である高速道路の混雑状況が気になると思います。そこで2018年のGWの渋滞予測について、詳しく解説させていただきます。

スポンサーリンク

2018年のGWの渋滞予測は?

GW中の渋滞予測については、『NEXCO東日本』『NEXCO中日本』『NEXCO西日本』の発表によると、

2018年の高速道路の渋滞は、2016~2017年に引き続き増加傾向にあるようで、2018年はさらに渋滞回数が増加する見通しだといいます。

NEXCO東日本など、各高速道路会社の渋滞予測によると、「10キロ以上の渋滞の予測回数」は上下線合わせて401回と、2017年と比べると46回多くなる見通しだといいます。

※渋滞の予測回数は「下り線が182回(23回増)」、「上り線が219回(23回増)」になるのでは?と予想されているようです。

さらに2018年は、30キロ以上の大型渋滞も去年よりも2回増の28回となる見通しで、「下り線が11回(4回減)」、「上り線が17回(6回増)」になるのでは?と予想されているそうです。

GW中に最も渋滞する日は?

GW中に最も渋滞する日については、

◆下り線は5月3日
下り線が最も渋滞するのは、GW初日の帰省ラッシュでもある5月3日(木)が、1年のなかでも1番渋滞する日にあたるそうです。

そして3日の大渋滞後~6日へかけては、渋滞の発生は少なくなっていきますが、なるべく渋滞を回避したい場合は、5月1日か5月2日に出かけるのがオススメだといいます。

◆上り線は5月5日
上り線の渋滞は、5月5日が1年のなかでも1番渋滞する日にあたりますが、翌6日からは渋滞の発生が少なくなるそうです。

渋滞を回避したい場合は、5月6日か5月7日に出かけるのがオススメだといいます。

スポンサーリンク

下り線と上り線で最も渋滞する道路は?

GWに混雑する高速道路のなかで、最も渋滞する道路については、

◆下り線
・中央自動車道 相模湖IC付近(45キロ)
最も渋滞するのが5月3日の5時頃。

・関越自動車道 花園IC付近(50キロ)
最も渋滞するのが5月3日の9時頃。

・九州自動車道 鳥栖JCT付近(30キロ)
最も渋滞するのが5月3日の10時頃。

◆上り線
・東名高速道 大和トンネル付近(35キロ)
最も渋滞するのが5月3日の5時頃。

・関越自動車道 高坂SA付近(45キロ)
最も渋滞するのが5月5日の18時頃。

・神戸淡路鳴門自動車道 舞子トンネル出口付近(50キロ)
最も渋滞するのが5月5日の19時頃。

まとめ

毎年恒例のGWの渋滞ですが、2018年はさらに渋滞回数が増えてしまうようです。

長い渋滞に巻き込まれないためにも、できるだけ出発や帰宅時間を少し早めるだけでも、渋滞に巻き込まれる時間や距離も短くなりますので、あとは長時間の車の運転に注意してGWを満喫したいですね。

スポンサーリンク

 - レジャー , ,