お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

雨の日に窓を開けると湿度は上がる?オススメの換気方法は?

   

梅雨の季節や雨が降る日は部屋がジメジメするため、窓を空けて換気したいものの、余計に湿気が上がらないか?気になってしまう事があるかも知れません。

雨でジメジメしてる時こそ、窓を開けて空気の入れ替えをしたい所ですが、実際は雨の日に窓を開けると湿度は上がるのか?また、雨の日のオススメの換気方法はないのか?調べてみました。

スポンサーリンク

雨の日に窓を開けると湿度は上がる?

雨の日に窓を開けてしまうと、外の湿気が部屋に入りこんでしまうため、余計に部屋の湿度が上がってしまうのでは?と思ってしまいます。

しかし、実際のところは部屋の湿度が上がる理由には、

・キッチンやお風呂、トイレなどの水を使う場所から湿気が出ている。
・壁や床、天井などのすき間から湿気をふくむ空気が入り込んでいる。
・高断熱や高気密住宅は、室内に湿度が発生してしまうと、外に出にくい構造になっている。

などの理由があるようで、

窓を開けたことによって湿度が上がることはほとんどないそうです。

そのため、雨の日でも窓を開けずに閉め切った状態でいると、逆に湿気が逃げ場を失ってしまうため、いつまでも湿度が高いままになってしまうようです。

雨の日でも換気したい場合は、窓を開けて湿気を逃してあげたほうが良いそうです。

雨の日に窓を開けるとカビは発生しないの?

雨の日に窓を開けるとカビが発生しないか?こちらも気になってしまうかも知れませんが、カビは湿気の多い場所に繁殖しやすいものの、実は湿気だけで繁殖するという訳ではないといいます。

カビにも繁殖しやすい条件があるようで、

・室内の温度が20~40度の間で、湿度が70%以上あるとき
・空気の動きがあまりない環境
・ホコリやゴミなどのカビのエサとなるものが多くあるとき

特に「空気の動きがあまりない環境」ではカビも繁殖しやすいため、窓を開けて換気すれば空気も動きますし、室内の湿気も外に出ていくため室温も変化するため、カビ対策に効果的だといいます。

そのため、雨の日に窓を開けるだけでも、カビの繁殖を防ぐ効果が期待できるといいます。

スポンサーリンク

雨の日のオススメの換気方法は?

雨の日の湿気やカビ対策には、オススメの換気方法がいくつもあるようで、

◆同じ階の窓を2箇所開ける
効率よく部屋を換気するには、風の流れを作るために同じ階の窓を2箇所開けて、風の通り道をつくります。雨の日に窓を開ける際は、2箇所開けて風の通り道をつくったあと、約10分ほど開けておくだけでも、室内の空気はある程度入れ替わるそうです。

しかし、雨が窓から入ってくるような場合は開けないほうが良く、部屋い雨が入り込むことで、余計に湿度が上がってしまうようです。

◆エアコンを使う
エアコンを使う場合は「換気モード」を使うそうで、普通の冷房や暖房ではあまり効果がないため、必ず「換気機能」のあるエアコンを使えば、室内の空気を外に出すことができるそうです。

◆換気扇を使う
キッチンにある換気扇を使うことで、効率よく空気を外に出すことができますが、換気扇を使う際は窓を開けた状態で使うと、より効果が期待できるそうです。

特に、ワンルームに住んでいる場合は、窓を開けた状態で換気扇を回すことで、窓から入った空気が換気扇を通って外に排出されるため、風の流れが良くなり、室内の湿気も排出されやすくなるといいます。

※換気扇を使用する際はできるだけ窓を開けるようにして、窓を閉めた状態で換気扇を回すと空気の通り道ができないため、外の湿気が部屋に入ったままになってしまうそうです。

◆扇風機を使う
扇風機やサーキュレーターも空気の入れ替えに最適で、これらの家電は羽根の後ろ側から空気を吸い込んで前方へと押し出すことから、窓の前に置いて室内に向けて使用すれば、外の空気を効率よく取り込んでくれるようです。

扇風機やサーキュレーターを使用する際は、同じ階の窓を2箇所開けている場合は1箇所に置くだけで良いそうです。※窓を1箇所しか開けられない場合でも、扇風機などを置くことによって空気の流れも良くなり、湿気対策として効果抜群だといいます。

また、雨の日の空気は水分をふくみ重くなっているため、部屋の下に溜まりやすくなっているそうです。下に溜まった空気を循環させるためにも、扇風機などを上に向けて使用することで、部屋全体の空気をまんべんなく循環させることができるようです。

特に、雨が強いなどの窓を開けられない時は、扇風機を上に向けて空気を循環させるだけでも、湿気やカビ対策に大きな効果が期待できるそうです。

まとめ

雨の日は窓を閉めがちですが、窓に雨が入ってくるような日でない限りは、逆に窓を開けて換気したほうが湿気やカビ対策になるんですね。

窓を開ける際は10分ほどを目安にして、扇風機などが使える場合はこれらを活用しつつ、ジメジメした室内をスッキリさせたいですね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル ,