お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

いたばし花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

   

観客席が打上げ場所に近く、大迫力の開花音や打ち上げ花火が楽しめるいたばし花火大会

毎年50万人以上もの観覧客で賑わういたばし花火大会ですが、詳しい日程や見どころ、穴場スポットやアクセスについてお伝えします。

スポンサーリンク

いたばし花火大会の日程は?

東京都は板橋区で毎年8月上旬に開催されるいたばし花火大会。

この花火大会は昭和25年(1950年)に、当時の東京都板橋区と埼玉県戸田町との間で行われた境界線の変更を記念するイベントとして、その翌年の昭和26年にいたばし花火大会が開催されるようになったそうです。

2018年度のいたばし花火大会の日程は、8月4日(土)に開催。

花火の打ち上げ会場は「東京都板橋区舟渡 荒川河川敷特設会場」で、19時~20時30分の間で花火が打ち上げられるそうです。※荒天で中止の場合は、8月5日(日)に延期。

また、いたばし花火大会の詳しい会場MAPは、コチラで詳しく確認することができます。

いたばし花火大会の見どころは?

いたばし花火大会の当日は、荒川を挟んだ場所でも「戸田橋花火大会」が開催され、戸田橋花火大会と共同開催となるいたばし花火大会では、約1万2000発もの花火が打ち上がるそうです。

なかでも見どころの1つである、日本最高峰の花火師が作製した都内最大級となる1.5尺玉の打ち上げや、都内の花火大会ではあまり打ち上がらない一尺玉(10号玉)規模の花火も、いたばしの花火では約100発も打ち上げられるそうです。

他にもいたばし花火大会では、関東最長級となる「大ナイアガラ仕掛花火」も見どころで、約700mに渡るナイアガラの花火は、本物のナイアガラの滝にも負けない程の圧倒的な迫力だといいます。

また、大ナイアガラ仕掛花火と共に都内最大の「尺五寸玉」も打ち上げられ、フィナーレまで続く迫力ある花火の数々にこの花火大会は、“実力のいたばし花火大会”とも呼ばれているそうです。

花火の打ち上げ場所も観覧席に近いため、お腹まで響くほどの開花音も体験できることから、毎年たくさんの観覧客が訪れる人気の花火大会だといいます。

スポンサーリンク

いたばし花火大会の穴場スポットは?

いたばし花火大会の会場では、
毎年無料の席と有料の席があり、有料席の場合は組数や枚数によって2100円~2万8800円までの様々な席があるようで、チケットを購入したい場合は6月24日から「チケットぴあ」などで購入できるそうです。

しかし、いたばし花火大会は毎年人気のため、有料席も早めに抑えておかないとすぐに売り切れとなってしまうそうで、無料席も混雑が予想されることから、少し離れた「穴場スポット」で観るのもオススメだといいます。

オススメの穴場スポットが・・・

◆芝生広場と野草広場
荒川上流側の芝生広場と、その隣にある野草広場はいたばし花火大会の公認場所になっており、打ち上げ会場からは少し遠い場所にあるため、他の場所と比べて混雑が少ない穴場スポットだといいます。

少し離れた場所にありますが、それでも迫力ある花火が十分楽しめる場所ですので、できるなら早めに行って場所を抑えておいたほうが良いそうです。

◆戸田競艇場
戸田競艇場は打ち上げ会場から近い場所にあるため、迫力ある花火を観ることができるそうです。※毎年、南側の河川敷が無料開放され、その年によって開放される場所は変わるようですが、駐車場から花火を見学することができるそうです。

◆荒川の土手(戸田市側)
戸田市側の荒川の土手も会場から離れた場所にありますが、それでも花火を十分楽しむことができるそうです。

しかし、この場所では地面で上がる「ナイアガラの滝」は観ることはできませんが、打ち上げ花火はちゃんと観ることができるようです。

荒川の土手にブルーシートなどを持参すれば、座って見学することができますので、あとは虫除けスプレーなども持って行くと良いそうです。※荒川の土手は毎年混雑するため、なるべく早く現地に着くようにするのが良いそうです。

いたばし花火大会のアクセスは?

いたばし花火大会のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR埼京線浮間舟渡駅、地下鉄高島平駅・西台駅・蓮根駅から徒歩で約20分

打ち上げ会場には東武東上線成増駅や東武練馬駅からバスが出ていますが、混雑状況により時刻表通りに運行しないこともあるそうです。

車で向かう際は会場周囲は交通規制(17時~21時45分)で車両進入禁止となるため、公共機関を利用して会場に向かうのがベストだといいます。

・打ち上げ場所:板橋区荒川河川敷(板橋区舟渡)
・お問い合わせ:03-3579-2255(板橋区観光協会)

有料席についてのお問い合わせは、03-5315-4921(いたばし花火大会チケット事務局)

まとめ

七色のアーチ状の火柱が虎の尾のように上空を彩ることで花火大会がスタートし、その後は日本最高峰の花火師が製作した芸術玉の打上げに関東最長級の大ナイアガラ仕掛花火、創作スターマインやワイドスターマインなど、他では観られない花火が次々と打ち上げられるそうです。

じっくり花火を楽しみたい場合は有料席で観るのがオススメですが、混雑を避けたい場合は穴場スポットでも十分花火を楽しめるそうなので、夏の思い出に残る圧巻の花火をぜひ生で観てみたいですね。

スポンサーリンク

 - 8月の行事 , ,