お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

プールの中でおしっこすると、体にどんな悪影響が出るの?実は化学反応が起こり・・・

   

夏の遊びの定番といえばプールがあると思いますが、幼少期の頃にはプールの中でうっかりおしっこを・・・なんて経験がある方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、プールの中でおしっこをすると、実は“ある化学反応”が起こることで、人間の体に悪影響を及ぼすそうで、一体どういうことなのか?詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

プールの中でおしっこすると化学反応が起きるの?

プールの中でおしっこすると化学反応が起きる話は本当のようで、プールの水とおしっこが混ざることで化学反応が起きるそうです。

プールの水は真水が使われている訳ではなく、水には消毒・殺菌作用がある成分(消毒剤)が加えられており、プールには不特定多数の人たちが出入りするため、水質を保つためにも消毒剤を入れる必要があるといいます。

消毒剤の成分とおしっこの成分が混ざり合うことで、化学反応が起きてしまうそうですが、この化学反応が起きるとどうなるのか?早速みていきましょう。

化学反応が起きるとどうなるの?

プールの水を消毒する成分は主に「次亜塩素酸(じあえんそさん)」というものが使用されているといいます。

次亜塩素酸は名前のとおり塩素を含んでいますが、この塩素とおしっこに含まれるアンモニアが水中で混ざり合うことで「クロラミン」という物質が作り出されるそうです。

塩素とおしっこによって新しい物質(クロラミン)が作り出されますが、このクロラミンによってプール内はもちろん、プール周辺の金属を腐食させる厄介な影響が出てくるそうで、プール独特の臭いも実は塩素が原因ではなく、クロラミンから発生するガスによって引き起こされるといいます。

スポンサーリンク

プールの中でおしっこすると、体にどんな悪影響が出るの?

プールの中でおしっこすると、おしっこの含まれるアンモニアとプールの塩素が混ざり合うことで「クロラミン」が発生しますが、このクロラミンによって体に・・・

・肌荒れ
・目の痒みや充血
・喉の痛み

などの悪影響が出てしまうそうです。

また、ライフガードなどのプールで長時間過ごすような環境にいる場合、クロラミンの刺激を大量に受けることから、目の充血や鼻水、声のかゆれなどの症状が出やすくなるようです。

クロラミンによって体に悪影響を及ぼすのは間違いないですが、最近では新たに「尿酸」「塩化シアノゲン」と呼ばれる物質にも関係性があることが分かってきたようで、塩化シアノゲンが発生するガスによって、心臓血管系・呼吸器系・中枢神経系などに悪影響を及ぼすこともあるといいます。

シアン化合物の一部であるという塩化シアノゲンは、窒素原子に結合した炭素原子を持っている=毒素を持っているようで、塩化シアノゲンは細胞が酸素を使うことを邪魔し、エネルギーを作ることの妨げになるそうです。

しかし、塩化シアノゲンが問題になるのは、競泳選手が出る大会のプールはスイマーがプール内でおしっこをしている可能性が高いため、シアノゲンの数値が高くなりやすいそうですが、一般の人が利用するプールでは、そんなに塩化シアノゲンは生成されることはないようです。

※オリンピックの大会などに出る競泳選手は、いつもプールでおしっこをしていることが分かっているそうです。

まとめ

プールの中でおしっこをするのはマナー的にも良くありませんが、おしっこに含まれるアンモニアと水中に含まれる塩素が混ざることで化学反応が起き、クロラミンという新しい物質が作り出されてしまいます。

このクロラミンによってお肌や目、喉などに悪影響が出てしまいますので、プールの中でおしっこをしないためにも、前もってトイレに行ってから水の中に入るように注意したいですね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル, 美容・健康・ダイエット , ,