お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

糖質制限のしくみを理解しても痩せない原因は?痩せるコツはあるの?

   

糖質を食べないだけという、非常にシンプルなダイエット法である糖質制限ですが、男女問わずこの方法に挑戦するも、なかなか良い結果がでない方もいらっしゃいます。

糖質制限にチャレンジして成功・失敗する方との違いは、一体どこにあるのでしょうか?再度、糖質制限のしくみと合わせて、痩せない原因や痩せるコツについて解説させて頂きます。

スポンサーリンク

糖質制限のしくみは?

ただ糖質を食べないだけという、シンプルなダイエット法である糖質制限ですが、まず人間が生きるうえで欠かせないのが、糖質・脂質・タンパク質の3大栄養素になります。

この3大栄養素を体に消化吸収させることでエネルギー源となり、例えば、糖質は体や脳を正常に機能させるために必要なエネルギー源。脂質はホルモンや細胞膜を作るのに必要なエネルギー源で、タンパク質は皮膚や骨、筋肉などを作るために必要なエネルギー源となります。

糖質制限は、生きるうえで必要な3大栄養素の1つである糖質の特性を利用したダイエット法で、糖質は体に取り込まれるとすぐに消化吸収されてブドウ糖となり、これによって血糖値が上昇します。

血糖値が上昇した際、すい臓からはインスリンが分泌されますが、インスリンは血中のブドウ糖をエネルギーにするために細胞に送られ、血糖値の上昇を抑える役割があるものの、その反面でインスリンには余ったブドウ糖を脂肪細胞に送り込んでしまい、これによってブドウ糖を体に溜め込むという特性もあります。

そのため、糖質制限することでインスリンの分泌量を減らし、できるだけ体に溜まるブドウ糖を脂肪細胞に溜め込まさないようにすることで、ダイエット効果が期待できるといいます。

糖質制限を利用するダイエット法は、インスリンの分泌量の調整を行うダイエット法でもありますが、それでも糖質制限をして痩せる方と痩せれない方には、一体どんな違いがあるのでしょうか?早速みていきましょう。

糖質制限しても痩せない原因は?

糖質制限をしても痩せない大きな原因は2つあり、1つ目はやはり「糖質制限そのものを間違って理解している」ことにあります。

例えば、糖質といえば「甘い物」と理解しがちですが、実は、糖質は「炭水化物」に含まれている物です。砂糖にはもちろん糖質が含まれていますが、炭水化物に含まれているという事で、普段食べる白米やパン、麺類などにも糖質は含まれています。

また、ヘルシーなイメージが強い春雨も、主成分がデンプンなので多くの糖質が含まれており、ほかにもニンジンやジャガイモ、サツマイモやカボチャなどにも多くの糖質が含まれていますので、糖質制限をしている場合は摂取量に注意しないと、痩せない原因になってしまうことも。

そして、糖質制限をしても痩せない原因の2つ目が「基礎代謝が落ちている」ことにあります。

基礎代謝が落ちていると痩せにくく、特に糖質制限をしている時は、体のエネルギー源となる糖質が不足しているため、余計に痩せにくくなってしまいます。

体はエネルギー源を確保するために、タンパク質を分解してエネルギーに変えますが、筋肉の元となるタンパク質も糖質制限によって不足すると基礎代謝が落ちますので、基礎代謝が落ちることで太りやすい体になってしまいます。

また、基礎代謝が落ちて太りやすい体になると、太って大きくなった体を維持するために食事や間食の量も多くなってしまいますし、食べ過ぎや甘味料の摂りすぎはもちろんですが、ストレスや睡眠不足も基礎代謝が落ちる原因になってしまいます。

普段から糖質の摂取量に注意していても、太りやすい環境で過ごしていると、糖質制限ダイエットの効果が出ない事が多いといいます。

スポンサーリンク

糖質制限で痩せるコツは?

糖質制限をして効果的にダイエットするコツとしては、まずは「食事の量」に注意することが大切です。

食事は適切な量を摂取するのが良いですが、例え食事の際に糖質を摂取していなくても、糖質以外の食材をたくさん摂取してしまうと、やはり消費できずに「体に蓄積してしまうカロリー量」も自然と多くなっていきます。

糖質は普段口にする白米やパンなどにも含まれていますが、調味料などにも多く含まれている場合もありますので、多くの食べ物を摂取すればそれだけ糖質を摂取することになり、カロリー過多だけでなく食べ過ぎは、糖尿病の原因になる可能性もあります。

また食事だけではなく「適度な運動」もダイエット効果だけでなく、基礎代謝のアップにも効果的です。運動をする際は、あまりハードな運動は体への負担も大きくなりますので、ウォーキングなどの軽い運動から始めるのがオススメです。

運動以外にも「睡眠」を十分に摂ることも大切で、寝ているときの人間の体は、脂肪の分解を促進させる成長ホルモンが分泌されるため、睡眠時間をしっかり確保することはダイエットにも大きな効果があるといいます。

さらに「糖質を制限しすぎない」ことも痩せるコツの1つで、例えば、人間の脳はブドウ糖をエネルギーとしますが、糖質を制限しすぎると脳の活動も弱くなり、結果的に身体機能が低下してしまうことに。

そのため、適度に糖質を摂取することも大切で、朝や昼間は炭水化物を適度に摂ったうえで、活動の少ない夜は炭水化物を控えるなど、糖質を制限しすぎないことも痩せるコツの1つだといいます。

まとめ

糖質制限は一見するとシンプルなダイエット法ですが、間違った方法で糖質制限すると、逆に肥満の原因になってしまう可能性もあるのですね。

普段の食事でも、食べ過ぎや甘味料の摂り過ぎにも注意しつつ、適度な運動や睡眠なども意識しながら、糖質をうまくコントロールして痩せていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,