お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

お弁当の卵焼きは前日に作り置きしても大丈夫?保存方法や保存期間はどれくらい?

   

お弁当の定番メニューの1つに卵焼きがありますが、忙しくて当日に作ることができない場合は、前日に作り置きしても大丈夫なのでしょうか?

また、作り置きした場合の卵焼きの保存方法や保存期間、卵焼きをさらに美味しくする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

お弁当の卵焼きは前日に作り置きしても大丈夫?

前日に卵焼きを作ることで、菌の繁殖や腐り、味の劣化などの心配はないのか?心配になってしまうかも知れませんが、

前日に卵焼きを作り置きしても何も問題ない!といいます。

しかし、菌の繁殖をできるだけ防ぐためにも、卵焼きを作る際の調理器具は清潔なものを使用し、卵焼きのなかでも「だし巻き卵」を作るときだけは、だしで水分が多くなる=腐りやすくなるため、だし巻き卵は作り置きせずに当日作ったほうが良いそうです。

卵焼きの保存方法は?

作り置きする卵焼きを保存する際は、冷蔵庫に入れて保存しても大丈夫ですが、冷蔵庫よりも「冷凍庫」で保存するのがオススメだといいます。

作り置きした卵焼きを当日に食べる場合は、どこに置くかにもよりますが、気温の高い場所に置いていた場合は菌の繁殖も考えられますので、冷凍庫で凍ったままの状態で持っていくと良いそうです。

凍った状態の卵焼きを持っていくコツとしては、まず前日に作る卵焼きはよく火を通したうえで、作り終えた卵焼きをお弁当箱に入る大きさに切って冷まします。

卵焼きを冷ましたら、1個ずつサランラップに包んで冷凍庫に入れ、卵焼きを持っていく当日はラップを外したうえで、凍ったままの状態でお弁当箱に入れます。

凍ったままの状態でお弁当箱に入れても、お弁当を食べるお昼くらいの時間になれば自然解凍されていますので、美味しく食べることができるそうです。

スポンサーリンク

卵焼きの保存期間はどれくらい?

作った卵焼きを保存する場合の期間については、

冷蔵庫で保存する場合は約2日。冷凍庫で保存する場合は約2週間保存できるそうです。

卵焼きを保存する際は、冷蔵庫と冷凍庫のどちらで保存する場合も冷ました状態で、適切な大きさに切り分けてラップに包んでから保存するのがオススメだといいます。

卵焼きをさらに美味しくする方法は?

冷凍保存した卵焼きは当日作ったものと比べると、ふんわり感が少なく、少し固くなってしまうそうです。

前日に作り置きするため、味が多少落ちてしまうのは仕方ないかも知れませんが、それでもある材料を加えることで、前日の卵焼きでもふんわりと柔らかくなるそうです。

前日の卵焼きを美味しくする方法としては、卵焼きを作る際の卵液の段階で、「マヨネーズと砂糖」を入れると良いそうです。

マヨネーズには乳化した植物油が含まれており、卵と混ざることで卵焼きが冷めた際に、固くなるのを防いでくれるといいます。しかし、マヨネーズと砂糖を入れる際の注意点として、卵以外の調味料をあらかじめ混ぜ合わせた状態にしてから、卵液にマヨネーズと砂糖を入れて混ぜ合わせます。

※卵焼きを焼く際も半熟状態ではなく、中までしっかり焼いて火を通したうえで、味も少し濃い目の味付けにするのも食中毒対策になるといいます。

まとめ

お弁当の卵焼きを当日に作るのが厳しい場合は、冷凍保存するなどしておけば作り置きしても大丈夫ですが、だし巻き卵だけは水分によって腐りやすくなるため、前日に作るのは控えたほうが良いそうです。

また、マヨネーズと砂糖を入れることで、冷凍の卵焼きでもふんわり美味しくなりますので、時間がなくて作り置きする際は試してみたいですね。

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 , ,