お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

【サッカー】リオネル・メッシの体がタトゥーだらけな理由は?いつから入れ始めたの?

   

出典:サッカーキング

6月14日~7月15日にロシア11都市12会場で開催される『2018 FIFAワールドカップ ロシア』。

ロシアW杯には世界のスター選手たちが一堂に会するなかでも、同大会の主役の一人に、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ(30)がいます。

メッシはロシア大会を最後のW杯としており、最後の大会で優勝を手にできるか注目が集まるなか、メッシの体に刻まれた「タトゥー」に注目する方も多いのでは?

特に腕や足がすごい事になっているメッシですが、一体いつからタトゥーを入れ始めたのか?タトゥーだらけな理由などもふくめて、調べてみました。

スポンサーリンク

メッシはいつからタトゥーを入れ始めたの?

メッシのタトゥーが確認されるようになったのは2010年からで、

メッシ自身が初めてタトゥーを入れ始めたのは2010年3月からだといいます。

左肩のうしろに自身の母・セリアさんの顔を入れたメッシですが、このタトゥーを施したのは当時のチームメイトであったダニエウ・アウヴェスや、エリック・アビダルをクライアントに持つタトゥー・アーティストの手によって入れられたそうです。

母の顔を入れたあとは、新たなタトゥーを入れなかったメッシですが、2012年11月に長男・チアゴくんが誕生すると、2013年3月に左足のふくらはぎの部分に「息子の名前と両手」のタトゥーを入れたといいます。

その後、メッシのタトゥー愛はさらに加速していき、2014年10月に過去に入れた「息子の名前」のデザインを修正しつつ、そこへ「ハートと羽根」のタトゥーを入れたそうです。

さらに同じ年の12月になるとメッシは、今度は左足のスネの部分に「自身の背番号10やサッカーボール、剣」のタトゥーを入れ、2015年2月になると右腕の上腕部分に「キリストの顔」、右腕の前腕部分に「花と盾」のタトゥーを入れたといいます。

出典:NAVERまとめ




しかし2016年になると、左足に入れたタトゥーが気に入らなかったのか?背番号10と息子の両手以外のデザインを、すべて黒く塗りつぶしてしまったようです。

出典:Qoly

タトゥーで塗りつぶしたことで、「黒いソックス」を履いているような姿になったメッシには、「ここまでやると流石に引く」「メッシの新しいタトゥーださすぎ」などの意見が殺到したものの、特に右腕はタトゥーの範囲が大きく広がってきており、今回のロシアW杯でも派手なタトゥーが確認できます。

出典:サッカーダイジェストWeb

メッシがタトゥーだらけな理由は?

メッシがここまでタトゥーを入れるようになった理由には、

ブラジル代表のネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールの影響があったのでは?と言われているそうです。

出典:NAVERまとめ

ネイマールは現在、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ『パリ・サンジェルマン』に所属していますが、2013年~2017年まではメッシと同じスペインの名門クラブ『バルセロナ』に所属しており、当時のメッシは自分を兄のように慕うネイマールが定期的にタトゥーを入れるのを見て、これに影響されて入れるようになったのでは?と言われているようです。

メッシ自身はタトゥーに強いこだわりがあるそうで、これまで体に入れてきたタトゥーは家族・サッカー・宗教など、メッシの人生で大きな意味を持つものばかりだといいます。

メッシがタトゥー以外にもヒゲを伸ばす理由は?

メッシといえばタトゥー以外にも、2016年頃から「ヒゲ」を伸ばしていますが、これにもメッシなりの理由があるといいます。

メッシは2016年6月18日に行われた、『コパ・アメリカ・センテナリオ USA 2016』準々決勝のベネズエラ戦後にヒゲを伸ばすようになりましたが、

このヒゲを伸ばす理由については“ゲン担ぎ”としてやっているそうです。

また、ヒゲを剃らなくなったのは同年4月13日に行われた『チャンピオンズリーグ』の準々決勝セカンドレグ、アトレティコ・マドリード戦に敗れたのがきっかけとなり、チャンピオンズリーグ敗退が決まった翌日からメッシは、ヒゲを剃らなくなったといいます。

今回のロシアW杯でもヒゲを剃ることなく、今もゲン担ぎとして伸ばし続けているようですね。

出典:毎日新聞

まとめ

これまでのメッシと言えば、数々の大会で優勝を経験していますが、それでも北京オリンピックやワールドユースで優勝経験はあるものの、コパ・アメリカやワールドカップでは優勝経験がなく、準優勝止まりで涙を飲んできたといいます。

アルゼンチン代表として2014年に開催されたブラジル大会では4得点を記録し、試合後はMVPにあたる「ゴールデンボール賞」を獲得するも、チームとしてはドイツに敗れて優勝を逃してしまいました。

そのため、今回のロシアW杯では前回獲得したMVP以上に“優勝”することがメッシにとって重要なのはもちろんですが、自身も今大会で優勝できなかった場合、代表を引退することも表明しているため、ロシアW杯で悲願を達成することができるか?注目ですね。

スポンサーリンク

 - スポーツ ,