お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

しゃっくりが止まらない時はどうすれば良い?原因は?足ツボが効くと・・・

   

g201601131度なってしまうと、なかなか止まらなくて厄介なしゃっくり

止める方法には息を止めると治る。という話を聞いたことがありますが、そもそも効果的な止め方はあるのでしょうか?さらにしゃっくりの原因や足ツボが効くことについて、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

しゃっくりが止まらない時はどうすれば良い?

しゃっくりが出ても、すぐに治まれば良いのですが長く続いてしまうとやっぱり気になってしまいますよね?そこで、しゃっくりを止める良い方法がないか、調べてみたところ1番おすすめなのが、やはり息を止める方法のようです。

方法としては、まず背筋を伸ばす姿勢で、首を下にむけます。そして肺をふくらませるような感じで約5秒間、ゆっくりと息を吸います。その後は10~20秒ほど息を止め、それからゆっくりと息を吐き出します。

このゆっくりと息を吸う→吐き出すというステップを2回ほど繰り返せば、しゃっくりが止まる可能性が高くなるそうです。

しかし、息を吸う→吐き出すのを3回以上繰り返してしまうと頭がクラクラし、めまいが起きてしまうこともありますので、2回ほど繰り返してもしゃっくりが止まらない場合は、約5分間ほど時間を置いてから、再度やってみるのが良いそうです。

他にも、しゃっくりが止まらない時は「舌をガーゼで掴み、30秒間強く引っ張る」という方法もあるそうで、理由は舌の神経は横隔膜と繋がっており、舌を引っ張ることで横隔膜の痙攣(けいれん)が止まるからだといいます。それでも舌を強く引っ張ってしまうと痛いので、これはあまりおすすめできません(笑)。

また、あるテレビ番組で放送され、「コップを逆側から飲む」という方法がしゃっくりを止めるのに効果的だったといいます。まずコップに半分ほど水を入れたら、前かがみの体勢になった状態でコップを手前で飲むのではなく、逆側から飲むという方法です。理由は不明ですが、実用度は高いようなので試してみる価値はありそうです。

しゃっくりの原因ってそもそも何?

そもそも、しゃっくりは何でなるの?と思われるかも知れませんが、

しゃっくりになる原因は、横隔膜にあるといいます。

横隔膜は肺と胃腸の間にある筋肉で、横隔膜が肺と胃腸の境界線となり、上が胸部・下が腹部と分かれています。そして私達が呼吸をする際に肺を動かす役割や、例えば深呼吸すると胸が上がってくるのは横隔膜が動くことによるものだと言います。

※肺には筋肉がないそうで、呼吸ができるのは横隔膜や周囲の筋肉が動くことによって人間は呼吸ができるそうです。

横隔膜が痙攣する原因については、詳しいことは分かっていないそうで、専門家の間では横隔膜に刺激が与えられることでしゃっくりが起こるのでは?と考えられているそうです。

横隔膜の刺激については特に、食事での刺激があるそうで、横隔膜は胃のすぐとなりにあることから、食事をすることで熱い・冷たいなどの刺激を受けやすくなってしまいます。するとこの刺激が原因となり、食後にしゃっくりが出やすくなるそうです。

また、肺の近くにあることから、冷たい空気はもちろん、空気の良くない環境でも肺から刺激が横隔膜に伝わり、しゃっくりの原因となってしまうといいます。

スポンサードリンク

しゃっくりに効く足ツボがあるの?

しゃくりに効く足ツボを刺激することで、横隔膜の痙攣により乱れてしまった呼吸のリズムも整える効果もあるそうで、

◆太谿(たいけい)
t20160113太谿と呼ばれる、くるぶしの内側にあるツボを押すと効果があるといいます。また太谿を刺激することで、体の血の巡りも促進され、足のむくみや冷え性、お腹や腰の冷えにも効果があるそうです。

足ツボを刺激する際は、手の親指でゆっくり押しながら、少し痛みを感じるくらい5秒間ほど押した後は、5秒間ほどかけてゆっくり離します。これを10回ほど繰り返すと良いそうです。

足ツボ以外にも、しゃくりに効くツボがあるそうで、

◆天突(てんとつ)
ten20160113鎖骨の真ん中あたりにある、くぼみのツボを押すことでしゃっくりに効果があるといいます。押す際は強く押しすぎないように、親指でグッと押してください。

◆内関(ないかん)
nai20160113内関は、手のひらを上にした状態で、手首から指3本分ほどの位置にあるスジの間のツボです。こちらも強く押しすぎないように親指でゆっくり押します。

どれも、しゃっくりに効くツボだということで、普段の生活以外にも、例えば外出先で急にしゃっくりが出てしまった場合には、ぜひ試してみるのも良いですね。

まとめ

しゃっくり自体は、放置しておいたとしても何も心配はないそうです。しかし、何日も止まらない場合は、横隔膜が炎症している場合がごく稀にあるそうなので、その場合は念のため、1度病院で診てもらったほうが良いと思います。

それでも、ほとんどは一時的なしゃっくりなので、まずは息を止める・ツボを刺激するなどを試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,