お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

静内二十間道路桜並木の開花情報は?見どころやアクセスは?

      2017/04/15

sakura20160130大自然が美しい北海道の中でも、桜が咲く季節になると日本一の桜並木として、静内二十間道路桜並木(しずないにじゅっけんどうろさくらなみき)には約3千本の桜が咲き誇るといいます。

「さくら名所100選」にも選ばれ、全国から毎年たくさんの観桜客が訪れるという静内二十間道路桜並木について、開花情報や見どころ、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

静内二十間道路桜並木の開花情報は?

日本一の桜並木といわれる静内二十間道路桜並木の桜は、直線7キロに渡り、約3千本もの桜が咲くそうですが、二十間道路の「二十間」とは、一間が約3.6メートル。そして道路を挟み並んでいるお互いの桜並木の幅が、約二十間(36メートル)あることから呼ばれているそうです。

また、この地には過去に宮内省(現在は宮内庁)が所有していた御料牧場があり、明治時代に作られたこの牧場では、皇室で食べられる農産物を生産するための専用の牧場として使われていたといいます。

そして、この御料牧場を視察するための、皇族の行啓道路(皇室が外出される際に使われる道路のこと)として、明治36年に二十間道路が作られたそうです。その後、大正時代になると御料牧場で働く人たちが道路のわきに、近隣の山々から持ってきたエゾヤマザクラなどを大正5年から約3年の月日をかけて移植。それが今では立派な桜並木へと成長したそうです。

そんな長い月日をかけて成長した、美しい光景がみられる静内二十間道路桜並木ですが、

開花情報については、2017年は開花4月27日頃。見頃は5月1日~4日頃なのでは?と予想されます。

北海道で咲く桜は、本州と比べると少し遅れて咲くそうで、二十間道路の桜並木がある日高地方は、寒暖の差が激しいものの、日中は比較的に暖かい地域でもあるそうです。このため例年では、ゴールデンウィーク前半である4月下旬頃に開花宣言がされ、ゴールデンウィーク後半頃に見頃を迎えるそうです。

※去年の2016年の開花情報をみてみると、開花宣言は4月25日。満開宣言は5月2日でした。

2017年の長期予報も平年並みとあることから、やはり今年の静内二十間道路桜並木も4月27日前後に開花。5月1日~4日が見頃なのでは?と予想されます。

静内二十間道路桜並木の見どころは?

静内二十間道路桜並木の1番の見どころは、直線約7キロもある二十間道路の両わきに植えられた、約3千本という数のエゾヤマザクラやカスミザクラなどが、一直線に咲き誇る姿は圧巻だといいます。

全国的にみても、直線で7キロという桜並木は非常に珍しく、「さくら名所100選」の他にも「北海道遺産」や「日本の道百選」にも選出され、日本屈指の桜の名所として毎年20万人以上の人が、この桜並木を一目見ようと訪れるそうです。

また、静内二十間道路桜並木に植えられているエゾヤマザクラという品種は、本州ではあまり見かけることはないそうで、濃いピンク色の花を咲かせるといいます。

他にも見どころとして、静内二十間道路桜並木の開花シーズンに合わせ、毎年「しずない桜まつり」というお祭りが開催されるといいます。

まつりの日程はまだ出ていませんが、2016年は5月1日~5月8日まで開催されていました。しずない桜まつりでは、二十間道路にイベント会場が設けられ、北海道を代表する美味しい食べ物やお土産が販売されているそうです。

※桜並木の終点付近にも、昔は御料牧場の施設であった龍雲閣が一部ですが開放されており、当時の皇族が使われていた馬具。他にも伊藤博文が残した書物など、貴重な品物の数々も見どころだそうです。

スポンサードリンク

静内二十間道路桜並木のアクセスは?

静内二十間道路桜並木へのアクセスについては、

◆電車でアクセスする場合
JR静内駅から農屋行き道南バス 桜丘小学校前を下車し、徒歩で約15分。

しかし、JR日高線は2015年1月に起きた高波災害での土砂流出のために、現在(2016年1月現在)は、鵡川~様似間(新ひだか町も含む区間)では運休となっているそうです。※同区間はバスでの代行輸送のみ。

◆車でアクセスする場合
日高道日高門別ICから国道235号経由で約1時間。

桜並木沿に30台ほど停められる無料駐車場あり。(しずない桜まつり期間中は、臨時駐車場も設置。雨天などにより使用できない場合あり)

※バスで行く場合は、札幌駅前から「高速バス ペガサス号」が出ており、約2時間半ほどで静内駅に到着。桜まつりが開催されている間は、静内駅~静内二十間道路桜並木までの臨時バスが出ているそうです。

また、車で向かう際は毎年、桜の開花シーズン中は静内市街へ入ると渋滞するそうなので、余裕を持って現地に向かうのが良いと思います。

住所:北海道新ひだか町静内田原~静内御園
お問い合わせ先:0146-42-1000(新ひだか観光協会)
入場料:無料

まとめ

毎年、たくさんの桜の花が咲く静内二十間道路桜並木ですが、周囲には牧草地や農場もあるといいます。しかし、これらの農場などへは絶対に無断で入らないように注意する必要があるそうです。理由は訪れた人の靴などに病原菌が付いていた場合、牛などの動物に感染する恐れがあるといいます。

飲食についても、食べてはダメな区域もあるそうなので、美しい自然環境を守るためにもマナーにも気を配りつつ、北海道ならではの雄大な景色を楽しみたいですね。

スポンサードリンク

 - 5月の行事 , ,