お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

痛風は女性でもなるの?対処法や予防法は?

   

痛風 女性痛風は、男性特有の症状だと思っていましたが、最近は女性でも痛風に悩まされている方が増えているそうです。

普段の食生活に深く関係のある痛風ですが、女性も発症してしまう理由について。もし、痛風になってしまったときの対処法や予防法について解説させていただきます。

スポンサーリンク

痛風は女性でもなるの?

本来、痛風になる99%は男性だそうですが、女性はエストロゲンなどの女性ホルモンがあるため、痛風の元となる尿酸が発生するのを抑え、尿として体外に排出する働きがあることから、痛風にはなりにくいそうです。

しかし、年齢を重ねるにつれ、特に女性ホルモンの分泌量が減ってくる更年期になると、痛風の元となる尿酸の量も増えてくることから、痛風になる可能性もあるといいます。それでも男性と比べ、尿酸の平均値は女性のほうが低いため、本来なら女性は痛風になりにくいと言われていますが・・・。

さらに痛風も、明治以前の日本にはなかったそうですが、食事が欧米化してきた1960年頃から徐々に増えていったようです。

女性が痛風になる理由についても、

・食事の欧米化による肥満
・運動不足
・お酒の飲み過ぎ
・ストレス

などがあるそうで、他にも高血圧の薬を服用。腎疾患の病歴がある女性や閉経後の方なども、痛風の元となる高尿酸血症になりやすいといいます。

※尿酸値が7.0mg/dLよりも高い場合は、痛風予備軍とされているようです。

また、近年では女性の社会進出が進んだことのより、男性と同じような痛風の症状が出てしまうケースが増えているといいます。

痛風になったときの対処法は?

痛風になると、足の親指・つけ根の関節のあたりが痛くなったり腫れたりすることが多いそうで、他にもヒジやヒザ、手首や指の関節が痛くなる場合もあるといいます。

特に症状が酷くなると痛みにより、数日の間は歩けなくなる方もいるそうです。しかし、痛風の痛みが発作的な場合は、1~2週間ほどで治まるといいます。そのため、痛みが治まったからと言って放置していると、約半年間~数年の期間を経て、また痛風の症状が出てしまうことが多いそうです。

尿酸値が高いといわれた方や、痛風の疑いがある場合は、病院で適切な治療をうけるのが1番ですが、それでも突然、痛風の症状が出てしまった際の対処法として、

実は、痛風の症状が出る前には、体からある症状が出るそうです。

痛風は、足の指・つけ根の関節あたりに症状が出るため、強い痛みが出る前には、むくみ・ピリピリする・しびれ・うずき・ダルさなどの症状が出る場合が多いといいます。この時点では、本格的な痛風の痛みが出ないように、お酒を飲むのを控える・動物性のタンパク質や脂質を控えるなどの食事をコントロールしながら、尿酸値をなるべく上げないように対処します。

それでも痛風の痛みが出てしまった場合の対処法については、

1.痛みがある部分を冷やす
2.痛みがある部分をなるべく高い位置にして、動かない
3.水分を摂る

痛み=炎症を起こしている場合が多いので、触るだけでも痛みが走るかも知れませんが、我慢して氷などで冷やすのが良いそうです。また、痛い部分を心臓よりも高い位置におき、尿酸値を下げるためにも水をたくさん飲んで排出を促します。

※注意点としては、痛みがある部分をマッサージしてしまうと、血行が良くなるために、余計に痛みが強くなるそうです。(お酒を飲むのも、血行が良くなるのでNGです)

痛みが治まってきたら、できるだけ早く病院に行って適切な処置をしてもらうのが良いそうです。

スポンサーリンク

痛風を予防する方法はあるの?

痛風を予防する方法については、

◆食事による予防◆
痛風になる方の多くは、肥満によるものと言われているそうです。食事をとる量が増えるほど、プリン体(尿酸の元となる物質)が増えていき、尿酸値も上がることから、痛風になるリスクも高まるといいます。

食べ過ぎや、食事の質を改善することが大事ですが、特に肉・魚類はプリン体が多く含まれており、食べ過ぎには注意が必要です。

逆に、尿酸の排出を促進してくれる野菜・果物などは積極的に食べたほうが良いそうで、プリン体がほとんど含まれておらず、良質なタンパク質が摂れるタマゴもおすすめです。

・特にプリン体が多く含まれている食べ物
カツオ、イワシ、魚の干物、海老、白子、レバー

・尿酸の排出を促進してくれる食べ物
果物、野菜、海藻類、大豆、キノコ

◆飲み物による予防◆
お酒などのアルコール類は尿酸値を上げ、痛風の原因となる飲み物です。飲み過ぎに注意しておかないと、尿酸の排出の低下やプリン体を増加させてしまうそうです。

そして、痛風予防に効果的なのは、水を飲むことで、理想の摂取量は1日2リットル飲むのが良いそうです。2リットルはかなりの量なので、これが難しい場合は、食事の際にお酒をよく飲んでいる方は、なるべく水やお茶を飲むのが良いそうです。

◆運動による予防◆
ウォーキングなどの有酸素運動は痛風予防の他にも、高血圧・肥満改善にも効果があるそうです。しかし、激しい運動をしてしまうと、エネルギー消費による尿酸の増加や尿の排出量が正常に行われなくなり、尿酸値が上がってしまうこともあるそうです。

ウォーキングなどで適度に体を動かすことを心がけ、水分補給もしながら、汗で体内の水分が減ることで血液が濃縮=尿酸値が上がらないように注意してくださいね。

食生活や運動不足が痛風の原因とされていますが、最近ではストレスも原因の1つと言われているそうで、できるだけストレスは溜め込まないように、しっかりと発散する方法を見つけるなども痛風予防には必要だといいます。

また、尿酸値が高い方は、痛風による合併症が起きてしまうことも多いそうです。約30%の方が痛風と一緒に尿路結石や、脂質異常症による動脈硬化。その他にも高血圧・糖尿病・脳血管障害・虚血性心疾患・腎障害など。

さらに自覚症状のないまま症状が進んでしまう可能性もあることから、尿酸値が高い方は、定期的に健康診断を受けることが大事だといいます。

まとめ

痛風は、男性の場合は30~40代の方が多いそうですが、女性でも近年では20~30代前半の方でも増えているようです。これは食生活の欧米化の他にも、小さい頃からファーストフードなどのカロリーの高い食事を摂取しているのも原因とされています。

痛風にならないよう食生活などにも気を配りながら、バランスの良い食事を心がけていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,