お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

飛行機内の乾燥からお肌を守る対策は?ケア用品は持ち込める?

   

飛行機 お肌乾燥飛行機に長時間乗っていると、なぜかお肌が異様に乾燥しませんか?髪もパサつき、お肌もガサガサでちょっぴりテンションが下がることも。

そこで今回は、飛行機内がそもそも乾燥している理由や、お肌を乾燥から守る対策について。さらに、機内にケア用品は持ち込めるのか?調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも飛行機内が乾燥するのはなぜ?

飛行機内はいつも乾燥していますが、実は機内の湿度は20%前後になるよう、常に設定されているといいます。普段、私たちが過ごしやすいと感じる湿度は40~60%だといい、飛行機内が20%では、やはり快適な環境とは言えないですよね。

しかし、快適とは言えない湿度にわざわざ設定しているのには、ちゃんとした理由があるそうです。

1番は安全上の理由からで、気温差が激しい約1万メートルもの上空を飛ぶ飛行機は、ときには機体がマイナス50度になり、凍ることもあるといいます。しかし機内では、人間が凍るわけにはいかないので温かく保つ必要がありますが、機内と外との温度差に大きな変化が出てしまうそうです。

温度差により、飛行機の部品や窓に結露が発生しやすくなり、サビや故障の原因になるといいます。そこで、結露をなるべく発生させないための方法として、飛行機内での湿度を下げ、結露の発生を防いでいるそうです。

湿度が常に低く設定してあるのは、安全面を考えてのことだったんですね。

飛行機内の乾燥からお肌を守る対策は?

飛行機内の乾燥からお肌を守る対策として、あえて化粧をせずにスッピンで搭乗するのが良いそうです。お化粧をしている上から保湿ケアをしてしまうと、お化粧も崩れてしまいますので、最初からスッピンで搭乗してしまえば、保湿ケアも小まめに行うことができます。

しかし、スッピンで搭乗する前には必ず、保湿ケアをしておいたほうが良く、化粧水や乳液、美容液でしっかり保湿した状態で乗れば、乾燥によって水分が奪われるのを守ってくれます。

また、長い時間のフライトで睡眠をとる場合でも、フェイスパックで保湿しながら寝ると良いそうです。ですが、長い時間パックしていると乾燥してしまいますので、ある程度の時間で取るようにします。パックを取った後は、美容液や乳液をたっぷり塗って乾燥対策をしてくださいね。

スッピンで搭乗するのはちょっと・・・という場合は、マスクをして乗ればさほど気にならないと思いますが、飛行機内では、ぬれマスクを使用すると口元の乾燥を防ぐことができるそうです。ぬれマスクは市販の物もありますが、マスクを1枚濡らしておいて、その上から普通のマスクを付ける方法もあります。

ぬれマスクは喉や鼻も潤いますので、乾燥対策の他にも風邪などのウイルス対策にもなるそうです。

お肌の他にも、こまめに水分を摂ることで体の乾燥対策もできるといいます。水分を摂る際も、お茶やコーヒーよりも、できるなら常温の水やスポーツドリンクを飲むのが良いといいます。※飲むときは、一気に飲むよりは一口ずつゆっくり飲むのがおすすめです。

その他の乾燥対策として、座席の前のテーブルに濡らした状態のタオルをかけておくだけでも効果があるそうです。

さらに、服装にも乾燥の原因があるようで、フリース素材よりもトレーナーなどの綿素材のほうが良いそうです。理由は、フリース素材の服の場合、静電気が起こりやすく、静電気によって体が乾燥し、さらに髪の乱れにも繋がってしまうからだといいます。

また、髪の毛のパサつき対策として、洗い流さないタイプのトリートメントを使えば、髪の乾燥やパサつき、乱れも防いでくれるそうです。

スポンサーリンク

飛行機内にケア用品は持ち込めるの?

乾燥からお肌を守るために、飛行機内にケア用品を持ち込む際は、国際線では化粧水や乳液などの液体物には制限があるそうです。

液体物を飛行機内に持ち込む際のルールとして、

100ml以下の容器に入れ、容器は透明プラスチック袋でジッパー付きのものに入れる。(縦と横の合計が40Cm以下の袋で、1人1袋だけ持ち込める)

普段使っている化粧水を持っていきたい場合は、100ml以下の容器に移し替えるか、または使いきりのタイプのものを持っていくと良いそうです。

ケア用品として、ハンドクリームやリップを飛行機内に持ち込むのも、液体物になるそうなので、注意が必要です。その他にも、ヘアワックス、ジェル、ローション、マスカラ、歯磨き粉なども液体物となるそうです。

なお、フェイスパックは液体物にはならないそうなので、機内に持ち込んでも問題ないといいます。

※水分補給をするための水は、ペットボトルは国内線なら持ち込み可能ですが、国際線では禁止されています。もし持ち込む場合は、手荷物検査が終わった後で空港内にある売店でペットボトルを購入し、持ち込みます。

まとめ

飛行機内は、どうしても乾燥しやすい環境なので、たとえスッピンでもお肌を守るためだと我慢しつつ、

しっかり保湿ケアしながら潤いを保っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,