お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

貧乏ゆすりになぜなるの?治す方法は?メリットもあるの!?

   

貧乏ゆすり なぜ無意識のうちにしている人も多い貧乏ゆすり。人前ですると恥ずかしい行動の1つとされていますが、そもそもなぜ貧乏ゆすりになってしまうのでしょう?

そこで今回は、貧乏ゆすりになぜなるのか?治す方法や、貧乏ゆすりにはメリットがあるという信じられない話もありますが本当なのでしょうか?早速、みていきましょう。

スポンサーリンク

貧乏ゆすりになぜなるの?

人前でガタガタと足を揺らしていると、この人大丈夫?と思われがちな貧乏ゆすり。しかし、「貧乏ゆすり」という言葉は日本だけしかないそうで、外国では「無意識にヒザを揺らす行為」や「足、ヒザの揺れ」などと言われるそうです。それでもヒザを揺らす行為は世界でみても、マナーや見栄えがよくないと、嫌われる行動の1つとされているそうです。

また、日本で貧乏ゆすりといわれる理由については、「栄養失調のために体が震えてしまうことから」、「ヒザを揺らす行為は貧乏神を呼ぶことから」、「お金持ちの裕福な人からみると、貧乏な人が毎日働く足の動きが速くみえたことから」、「貧乏な人に羽織る服がなく、寒さで震える様子から」など、さまざまな説があるそうですが、貧乏にみえる・見た目が悪い!ということは、どれも共通しているようです。

貧乏ゆすりになぜなるの?という原因については、

◆ストレスによるもの
よく言われる原因にストレスがあるといいます。仕事がうまくいかず、プレッシャーを感じている、イライラする、不安があるなどのストレスやフラストレーションが溜まっていくと、体や精神状態に悪影響を及ぼしてしまうために、人は何かしらの方法で発散しようとするそうです。その発散する方法の1つとして貧乏ゆすりをしてしまうそうです。

◆血のめぐりが悪い
例えば、長時間の仕事の会議などで同じ姿勢のままでいると、筋肉をほぐそうと体が無意識のうちに動くことがあるといいます。また、同じ姿勢の他にも筋肉を激しく動かすことで、疲労物質である乳酸が溜まります。すると、筋肉が乳酸を押し流そうとするために、無意識のうちに筋肉が動くことで、貧乏ゆすりになってしまうそうです。

同じ姿勢でいるとヒザはもちろん、足の血のめぐりも悪くなるそうで、血のめぐりが悪い状態が長く続くと、血栓という足の血管に血の塊ができてしまうそうです。血の塊ができてしまうと最悪、心臓や肺の血管までつまってしまう恐れがあり、それを防ぐために貧乏ゆすり=足が動いてしまうそうです。

なぜ貧乏ゆすりになるの?と思っていましたが、ときには心臓などの血管がつまらないようになど、命を守るための回避行動でもあったんですね。

貧乏ゆすりを治す方法はある?

貧乏ゆすりを治す方法については、

◆鉄分を摂って治す
日頃から、貧乏ゆすりをしてしまう場合は、血のめぐりが悪い可能性があるといいます。それを改善するために、レバー・ほうれん草・カキ・アサリ・ヒジキなど鉄分の多い物を食べると良いそうです。また、疲れが溜まりやすい。ちょっと動くだけで息切れがする場合は、貧血の疑いもありますので、鉄分と一緒にビタミンCやタンパク質を多く含む食材を食べるのが良いそうです。

◆足を動かして治す
長時間も同じ姿勢でいると、貧乏ゆすりになりやすいので、ヒザが揺れてしまう前よりも先に、足を動かします。方法としては、椅子に座ったままの状態でつま先立ちをする→元に戻す。をゆっくり繰り返すだけでも血流は改善されるそうです。

◆気持ちをリラックスして治す
ストレスを溜めることも貧乏ゆすりの原因となってしまいます。そこで気持ちをリラックスさせるために、ときには休憩する時間を設けたり、散歩して気分転換するなど、気持ちを落ち着かせることが大切だといいます。

散歩や休憩などが取れない場合は、別の方法として、ガムを噛むのがおすすめです。

ガムを噛むだけでもストレス発散になるそうですので、他にも飴をなめる・コーヒーを飲むなども貧乏ゆすりを止める効果があるといいます。

さすがに仕事中はガムは無理!という場合は、できるだけ血流が悪くならないように、意識的に足を動かすようにすると良いそうです。

スポンサーリンク

貧乏ゆすりにメリットがあるの?

人前では、印象のよくない貧乏ゆすりですが、なんと健康面でのメリットもあるといいます。

貧乏ゆすりのメリットについては、

◆エコノミークラス症候群の予防になる
飛行機や電車、車などに長時間乗っていると血流が悪くなり、血のかたまりである血栓ができてしまうため、いわゆるエコノミークラス症候群になりやすいそうです。また、急に席を立ち上がることで呼吸困難になる場合もあるそうですが、貧乏ゆすりをすることで、足のふくらはぎの筋肉の動きが活発になり、足腰に溜まりやすい血液を心臓に詰まらずに運ぶことができるそうです。

◆むくみが改善される
貧乏ゆすりによって血液の流れが良くなると、むくみの原因である皮下に漏れて出ている余分な水分を血管に流してくれるといいます。女性の方は締め付けの強いストッキングを履くことで、むくみ効果がさらに上がるそうです。

◆冷え性の改善
貧乏ゆすりをすると血行が良くなり、冷え性が改善されるそうです。ある研究センターが行った実験によると、貧乏ゆすりを約5分間続けただけで、約2度ほど皮膚の温度が上がったといいます。

◆精神が安定する
ヒザが揺れている貧乏ゆすりの状態になると、精神を安定させるセラトニンが分泌されるそうです。これによりイライラも改善されるといいます。

たとえメリットがあるとしても、人前で貧乏ゆすりはしたくないですよね。コッソリ家でやっても、癖になりそうで怖いですし(笑)。

まとめ

貧乏ゆすりは、男性の方に多くみられるようで、女性はスカートやファッション、マナーの面からみても自分の脚に意識を向けておられるので、無意識であったとしても貧乏ゆすりはしない。と言われきたそうです。

しかし、女性も社会進出やパンツスタイルの浸透によって、男性と同じようにストレスなどの問題を抱えるようになり、貧乏ゆすりをしてしまう方も多くなっているそうです。

なるべくストレスを溜め込まず、うまく発散する方法や適度に足を動かして血流をよくするなどを心がけて、人前で貧乏ゆすりをしないように意識していきたいですね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル, 美容・健康・ダイエット ,