お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

フケが出る理由と対策は?シャンプーは使っても良いの?

   

フケ 出る理由毎日ちゃんとお風呂に入って、体や頭を洗い清潔にしているのに、なぜかフケが出てしまうことってないですか?外出した際に、肩にフケが大量に付いていたら・・・と思うとゾッとしますよね。

そこで今回はフケが出る理由ってそもそも何が原因なのか?対策法やフケが出ている時にシャンプーは使っても良いのか?調べてみました。

スポンサーリンク

フケが出る理由は?

頭皮から白いフケが出る理由について、実は頭皮の角質細胞が剥がれ落ちることが原因だといいます。

人間の皮膚は頭皮を含め、一定の期間で生まれ変わるそうです。古くなった皮膚(角質細胞)が剥がれ落ちてしまうのは、当たり前なことでもあります。しかし、正常に生まれ変わる皮膚が剥がれ落ちる場合は、通常は人間の目では見えないほど小さなものだといいます。

ですが、フケのように目に見える大きな状態のものは、正常に皮膚が生まれ変わっていない証拠でもあるそうです。

さらにフケには2種類の特徴があり、

◆乾性フケ
乾燥した状態のフケである乾性フケは、頭皮の皮膚が大量に剥がれ落ちることで発生するそうです。この乾性フケが出ている状態は、頭皮が弱った状態でもあり、そのままにしておくと抜け毛・かゆみの原因になるといいます。さらに悪化すると抜け毛から脱毛になる可能性も高くなるそうです。

◆脂性フケ
頭皮から分泌される皮脂が固まると脂性フケとなり、固まりになって落ちたり、頭をかいたときに爪の間などに白い脂のようなものが残ってしまうのが特徴だといいます。他にも、かゆみ・毛根にも皮脂が残っているために髪がベタつくなどの症状が出てしまうそうです。

この中でも、特に発生することが多い乾性フケになる理由については、頭皮の乾燥によるものがほとんどだそうです。

頭皮が乾燥してしまう理由には、シャンプーの洗い過ぎにより皮脂が不足してしまい、頭皮が乾燥=フケが出てしまうといいます。しかし、フケ=頭が清潔ではないから!と勘違いしてしまい、過剰にシャンプーで洗ってしまうと、頭皮の潤いもなくなり乾燥→フケが出てしまうそうです。

あまりに清潔感を意識して洗い過ぎてしまうと、頭皮が乾燥し皮膚も弱ってしまうので、すぐにフケとして剥がれ落ちてしまうそうです。

他にも理由に、エアコンが効いている場所は乾燥しているそうで、長く居ると体が乾燥し、水分が不足してしまうといいます。特に秋・冬などは乾燥しやすい時期なので、エアコンによりさらに乾燥してしまい、乾性フケが出る原因となるようです。

また、頭皮はお肌のように寝不足・運動不足などで血行不良になってしまうと、栄養そのものが頭皮まで行き渡らずに弱ってしまうそうです。すると、潤いがなくなり乾燥しフケが出やすくなるといいます。

他にもストレス。ビタミンCやビタミンAが不足している場合もお肌や頭皮の潤いもなくなるそうで、お肌が荒れているときはフケも出やすくなるそうです。

フケが出ないようにする対策は?

フケが出ないようにする対策には、ビタミンCを摂るのが良いといいいます。

お肌の一部でも頭皮なので、肌荒れと同じでフケが出るときもビタミンCが効果があるそうです。あとは、しっかり睡眠をとるなど規則正しい生活習慣を心がけることでお肌や頭皮も健康になり、フケも治まってくるといいます。

また、頭皮が乾燥している状態なら潤いを与えてあげるが良いそうで、保湿成分が含まれている養毛剤や育毛剤を使い、軽くマッサージをして頭皮の血行を良くすることで、フケ対策にもなるといいます。

保湿効果のあるものを使う際は、なるべくなら椿油などの天然成分が含まれているものが良いそうですが、使用する量を間違えてしまうと、逆に頭皮がベタベタになり、フケの原因になることもあるといいます。椿油などの商品を購入した際は、必ず使用説明を読んでおき、なるべく少ない量を頭皮に使っていくのが良いそうです。

フケが出ないように対策していても、仮にかゆみなどの症状が出てしまった場合は、頭をかくなど頭皮に触れるのはダメだそうです。頭をかくことで、溜まっていたフケが落ちてしまうのはもちろん、1度かいてしまうと回数も増えてしまいますので、頭皮に傷もでき症状が悪化する危険性もあるといいます。

なるべく頭をかかないようにする対策としては、帽子を被るのが良いそうです。帽子によって直接頭に触ることができなくなり、効果があるそうです。しかし、帽子もマメに洗濯するなど清潔な状態にしておき、毛糸の帽子などの痒くなるものは、逆効果になる場合もあるといいます。

スポンサーリンク

フケが出る時にシャンプーは使っても良いの?

フケが出る時にシャンプーは使っても良いそうです。しかし、頭皮が乾燥しやすくなる刺激の強いシャンプーは控えておき、できるだけ弱酸性でアミノ酸が含まれているシャンプー石油系界面活性剤が含まれていないシャンプーを使うのが良いそうです。

頭皮を洗うときは、シャンプーで洗う前に一度お湯で髪をすすいでから、洗うようにします。頭を洗う際も爪を立ててしまうと、頭皮に傷が付いてしまい、フケの原因になってしまいますので、頭皮全体にシャンプーが行き届くように優しくマッサージするような感じで洗うと良いそうです。

洗った後は、シャンプーの洗い残しがないように、しっかり洗い流します。※リンスを使う際は、頭皮に付かないように髪の毛だけに付けます。

フケは、頭を洗わないのも原因となりますが、逆に洗い過ぎるのも良くないそうです。朝に髪を手早く洗うよりも、しっかりお風呂に入るときに丁寧に洗うのが良いそうです。

また、頭皮への刺激が強いカラーリングやパーマ、スタイリング剤もフケが出る原因となるようで、できるだけ使用を控えるか頭皮に付かないように注意する必要があるといいます。

※頭皮に効くシャンプーを使ってもフケが止まらない場合は、脂漏性皮膚炎など頭皮に何らかのトラブルがある可能性もありますので、そのままシャンプーを使い続けるよりも、1度病院(皮膚科)で診てもらうのが良いそうです。

まとめ

フケが出てしまう頭皮の問題も、しっかりケアすれば改善するそうなので、潤いを与えてあげることを意識しながら、お肌も含めて頭皮ケアもしっかりと行っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,