お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

水を一日に飲む量はどれくらいが良い?ダイエット効果はあるの?

   

水を一日に飲む量人間の体は、お年寄りは50~55%、成人は約60~65%、子供は約70%、新生児は約75%、胎児は約90%が水で満たされているそうです。

生きていくうえで欠かせないですが、健康やダイエットのためにと水を飲過ぎてしまい、水中毒になるケースもあるといいます。

そこで今回は、水を一日に飲む量はどれくらいが良いのか?本当にダイエット効果はあるのか?さらに一日で飲む水は、どのタイミングで飲めば良いのか?調べてみました。

スポンサードリンク

水を一日に飲む量はどれくらいが良いの?

人間の体は、成人の方であれば何もしていない状態でも、一日で約2.3リットルほどの水分が排出されるそうです。そのうちの約1リットルほどが肌・汗から蒸発される水分とされ、残りの約1.3リットルは尿・便などと一緒に排出されるようですが、この排出された水分を水を飲むことで補う必要があるといいます。

よく一日に水を飲む量は2リットルが理想と言われていますが、実は一日に必要な水分量は「体重」によって変わってくるそうです。

必要な量を計算式で表すと、

一日に必要な水分量の目安(ml)=35ml×体重(Kg)

になるそうで、例えば一日2リットルの水を飲むのが理想な方は、この計算式に当てはめると、体重が約57キロほどの方になります。すると57キロ以下の方が2リットルも飲むのは、逆に飲み過ぎになってしまいますので注意が必要です。

あまりに水を飲み過ぎてしまうと、体に余分な水が溜まり、それが排出されないと体に悪影響をもたらすといいます。体の水分バランスが崩れると細胞が膨張してしまい、疲労感や朝起きたときに顔がむくむ、夕方になると足がむくむ。他にも頭痛・冷え性などの症状が起きてしまうこともあるそうです。

また、一日に必要な飲む量が分かっても、一気に飲むのは良くないそうで、短時間の間にたくさん飲んでしまうとむくみの原因。体内のナトリウムの濃度が急激にさがることで、頭痛が起きてしまう場合もあるようです。

なるべく一気飲み・飲み過ぎには注意して、数回に分けて飲むのが良いそうです。

水を飲むとダイエット効果はあるの?

水を飲むとダイエット効果がある!という話をよく聞きますが、これって実際のところどうなのでしょう?ダイエットと言っても、あくまで水を飲み過ぎないことが前提で、

水を飲むことによるダイエット効果については、

◆便秘改善
食べた物から、栄養素や水分を吸収し、血管を通じて全身に栄養を送る役割をしている大腸ですが、体内の水分が不足していると便も硬くなり、排出されにくくなることから便秘になってしまうそうです。そこで水を摂取することにより、便も柔らかくなることから便秘改善に繋がるといいます。

便秘がよくなれば、お腹もへこんできますし、腸内活動も活発になれば基礎代謝アップにもなり、ダイエット効果が期待できるそうです。

◆食欲を抑える
水を飲むことでお腹もふくれ、胃液も薄まることから、食欲を抑えられるといいます。他にも血液がサラサラになることで、血行も良くなり、美容効果もあるそうです。

◆むくみ改善
むくみは下半身や足に、水分・老廃物が溜まることで起きてしまうといいます。女性の方が気にする下半身太りについても、このむくみが改善されれば、体にも変化が起きてくるそうです。

しかし、下半身や足に水分が溜まっている状態なのに、水を飲んでも大丈夫?と思ってしまいますが、逆に飲んだほうが良いといいます。理由は、水が溜まってしまうのは、新陳代謝がうまく行われていないのが原因だといいいます。新陳代謝を良くするためには、積極的に水分を摂ることで、溜まっている水分・老廃物も排出され、循環サイクルも改善されるそうです。

それでも飲み過ぎてしまうと、むくみの原因になりますので、気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

水は一日10回を目安に!

水は一度にたくさんの量を飲むのは良くないので、できるだけ小まめに一日10回を目安にして飲むのが良いそうです。

水を飲むタイミングについては、

1.朝起きたとき
2.朝食の前
3.朝9~10時ごろ
4.昼食の前
5.お昼の2~3時ごろ
6.夕方5~6時ごろ
7.夕食の前
8.お風呂に入る前
9.お風呂に出た後
10.寝る前

がおすすめです。

水分を摂る際も、寝る前は利尿作用のあるコーヒーや緑茶、アルコールなどは避けるようにして、できるだけ水や白湯、麦茶などを飲むのが良いそうです。

また、お水の種類でも

◆炭酸水
砂糖が入っていない炭酸水には美肌効果が期待できるそうで、これを飲むことで血液に炭酸ガスが入り、一時的な酸素不足の状態になるそうです。この酸素不足を解消するために血液の流れる量が増えることで、血行促進・新陳代謝が活性化され美肌効果が期待できるといいます。

他にも炭酸水には疲労回復・便秘改善の効果もあるそうです。が、飲み過ぎには注意して、1日1~3杯ほどで良いそうです。

◆水素水
ガン・老化の原因である活性酸素を減らす働きがあるそうです。水素水には抗酸化作用により体のサビつきを抑える。水素は地球で1番小さな分子とよばれ、体内への浸透力もよく、アンチエンジング・健康・美容にも効果を発揮してくれるそうです。

最近では、体をサビさせない水素の抗酸化作用が得られる水素風呂もあるようです。

◆アルカリイオン水
胃腸の症状を改善する効果のあるアルカリイオン水を飲む際は、初めの段階はpH(ペーハー)値を低めのpH8~9.0ほどに設定して、まずはコップ1杯から徐々に体を慣らしていくのが良いそうです。

アルカリイオン水を飲んでから2週間ほど経った後は、体調や体質をみながら、少しずつpH値や量をあげていきますが、赤ちゃん(生後1年くらい)には、腸の働きが大人とは違うことから、飲ませないように注意が必要だといいます。

まとめ

毎日、飲むと健康にも良い水ですが、水分不足になってしまうと肌の乾燥や血液の循環が悪くなることで頭痛や頭が働かなくなりボ~っとするなど、あまり良くない状態になってしまいます。

小まめに水分補給することが大事ですが、水分不足になっていないか?簡単に見分ける方法があるそうです。まず、自分の舌を鏡などで見たときに、舌の真ん中あたりがヒビ割れているようなら水分不足になっている可能性が高いそうです。

水は人間が生きていくうえで欠かせないものですので、しっかり水分補給しながら、少しずつゆっくり飲むように心がけていきましょう。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,